ルネス工法と外断熱工法

丸二の技術

マーク ルネス工法
マーク 外断熱工法
マーク パワーコンクリート工法

丸二のご提案
マーク コーポラティブハウス
マーク 賃貸併用住宅
マーク RC個人住宅
(鉄筋コンクリート造)

丸二の信頼
マーク アフターサービス24
マーク よくある質問
マーク 企業情報

情報発信中
マーク 土地活用ブログ
マーク ニコニコ通信

木造・リフォーム
マーク 心と体に良い家
マーク リフォーム隊

鉄筋コンクリートの建築

ライン
外断熱工法

外断熱工法

コンクリート建築物を夏の暑さや冬の寒さから保護するために断熱材というものが使われます。
しかし、古い建築物の中には断熱材が設置されていないものもあり、これを無断熱と呼びます。
また、外壁の内側に断熱する方法を「内断熱」、外側からすっぽりと覆う方法を「外断熱」と呼びます。

 

外断熱の考え方

結露の少ない安全健康住宅

外断熱工法は色々な問題を引き起こす要因である内部結露を防ぐことができます。無断熱や内断熱の建物のコンクリートは、冬の間外気温と同じかそれ以下にまで冷えます。室内の温かい空気に含まれた水蒸気がこの冷えたコンクリートとの温度差により冷やされるため壁内部で結露が起きるのです。外断熱では建物のコンクリートは外気や直射日光から守られていますので室温との温度差がないため内部結露が起きません。結露から生じる室内のカビやダニの発生がない健康的な住環境を創ることが出来ます。

 

省エネ住宅

外断熱工法では断熱材の内側にあるコンクリートが蓄熱体となって冷暖房の熱をため込みますので「冬暖かく・夏涼しい」住環境が実現できます。光熱費コストを大幅に節約できる省エネルギー住宅です。

 

資産価値を高める耐久性

外断熱工法は躯体コンクリートの外側に断熱材があるので、コンクリートの温度は一年を通して大きな変化がありません。膨張・収縮によるクラック(ひび割れ)の発生を抑え、雨水の侵入がないためコンクリートは耐久性は高く資産価値を高めます。また、外断熱工法のマンション経営では優れた住環境を長期に渡って提供できるため長期安定の資産運用が可能です。

 

地球環境にも優しい

短期間で建て替えられる建物は資源やコストの無駄です。外断熱工法で建築された建物は耐久性が高く、光熱費を抑制しながら快適な住環境を実現する省エネルギー住宅です。地球温暖化防止にともなうCO2排出規制や資源保護にも役立つ施工方法です。

 

表面結露の問題
結露とは、空気中の水蒸気が冷やされる事によって液体の水に変わる現象です。

冷える環境

私たちが日常目にする中で、最も身近なのが窓ガラスに起きる結露でしょう。窓ガラスは伝熱性の非常に高いガラスで外気と接しているため、屋内で最も屋外との温度差を生じている部分です。ですから、窓ガラスで急激に冷やされた空気中の気体の水蒸気が、液体の水に変わり、結露となって発生します。
そして結露には目に見える表面で起きる表面結露と、目にする事の出来ない箇所で起きる内部結露とがあります。窓ガラスなどの表面結露は拭き取ることが出来ますが、壁の中などの目にみえない箇所で起こる内部結露は拭き取ることが出来きない上に乾きにくく、長い間水としてそこに留まってしまいます。建物にとって非常に大きな問題となるのが、この内部結露です。建物内の不要な水分はカビやダニを発生させる原因となり、非衛生的な住環境を作り出すばかりでなく、建物の寿命を縮める要因にもなるのです。

 

室内の快適性

エアコンなしで快適の夏住環境の快適性には、室内の温度環境が大きく関わっています。しかし室内での暑さ寒さの感覚は、室内温度そのものよりもむしろ、温度分布(温度ムラ)や壁からの輻射放熱量が大きく関係しています。壁の表面温度が低いと、人体から放射される輻射熱量が大きくなるために人は寒いと感じ、逆に壁の表面温度が高いと、放射熱量が低いため暖かく感じるのです。ですから、建物全体を断熱する外断熱により、建物自体が暖かくなると、例え室内温度がさほど高くなくても、実際感じる温度は空気温度以上になるわけです。冬の間、一日中暖房器具を使用しているご家庭が多いのは、温度ムラや壁からの輻射熱量のため、いっこうに暖かく感じられないことが原因です。コンクリートの暖まりにくく冷めにくいという性質を外断熱により最大限利用することで、より少ない暖房で温度ムラや輻射熱量は減少し暖かさを得ることが出来ます。このことから今まで暖房にかかっていたエネルギーを大幅に削減することが可能になるのです。また、同様のことが、夏期の冷房についても言えます。

丸二では2000年から外断熱工法の施工に取り組んできました。RC造の躯体構造に通気層工法外断熱工法、密着湿式外断熱工法で 現在まで数多くの外断熱建築を手がけさせて頂きました。個人専用住宅、コーポラティブハウス集合住宅、長期資産運用型賃貸マンションのそれぞれの建築目的に合わせた外断熱施工です。
外断熱での家創りには地域・立地環境条件、建築目的、建築後の管理運用方法、建築資金など様々な検討課題があります。丸二は施工者として様々な要因を研究し、各種の外断熱施工のご提案をしてまいります。

EV外断熱工法

RCB外断熱工法

 

 


外断熱工法に関連するリンクライン

日本省エネ建築物理総研

日本省エネ建築物理総研

NPO法人 外断熱推進会議

NPO法人 外断熱推進会議

RCB外断熱協会

RCB外断熱協会

 

 

 

 

社長ブログ全社員ブログお宅訪問建設中の現場中継

余白余白余白お問合せ余白ホットライン余白余白余白

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.