経営理念

1. 自然との総和に徹し、自然の恩恵に感謝できる会社造りを目指す。

2. 正直・安心・安全に徹し、"良き建築" "良き住環境" 造りを目指す。

3. 社長を核とし、社員の人格造りに徹し、社会貢献できる会社を目指す。

「ありがとう」という感謝の気持ちを、大事にする会社でありたい。

渡辺偕規

丸二の設立当初は、学校や役所などの公共工事を中心に請け負っていて、お客様に対し、どちらかというと業務的な付き合いで仕事をしていました。当時は今の会社の雰囲気とはまったく違っていて、いわゆる「技術屋」的な雰囲気で仕事にあたっていたのです。今考えると、仕事だけの関係性でつながっていて、どこか一線引いているようなところがあったかもしれませんね。

そして、そのような中で私たちの会社のスタンスを大きく変えるきっかけとなったのが、民間工事の請け負いをスタートさせたことでした。一般のお客様にとっては、5万円の工事費用でも大変な出費です。ちょっとしたミスでも、当然、お叱りを受けてしまうことがあります。つまり、一般のお客様のほうが我々に対する期待がはるかに大きいわけです。私はこのことに気がついたときに、お客様に対して本当の意味での「感謝の気持ち」をもって仕事をしていこうと決心しました。

そして、公共工事から民間工事に移っていくなかで「感謝の気持ち」を持つ会社として、丸二を発展させていこうと思ったのです。「ありがとうと思われること=お客様に喜ばれること」をスタッフの評価と結びつけて、お客様視点のある会社であり続けたいと考えております。

丸二代表 渡辺偕規

「ありがとう」の気持ちを持って、社員の業績も評価しています。

丸二では、お客様からの「ありがとう」を喜びと考え、日々の仕事のモチベーションにしています。
この考え方はお客様だけでなく、社員に対しても同じです。会社から社員に対しても感謝も気持ちを込め、
キャリアパスの一環として3つのありがとう制度を設けています。  キャリアプラン