MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

2005年2月のバックナンバー

ランチで39M

2005年2月28日

pic_0615.jpg

会社の近くのレストランで社員さんと39(サンキュー)ミーティングです。時々、このようにランチを取りながら1対1で話をします。いつもと違って、氣楽に多くの話ができました。トップが社員さんの思いを理解する、そして社員さんもトップの考えを理解する・・・お客様に喜ばれるためには、このような小さな活動の積み重ねしかないと思うのです。時間はかかりますが、確実に前進しています。おいしいパスタとピザも応援してくれてます(頼みすぎでしょうか?・・・笑)!

外断熱で無暖房

2005年2月26日

pic_0605.jpg

NPO外断熱推進会議のセミナーに参加しました。外断熱による無暖房住宅の実現と地球環境の保全…時代は確かに変化してきているようです。私たちのルネスや外断熱に対する長年の取り組みが求められる日が近づいています。

2005年2月25日

pic_0599.jpg

昨晩のJR武蔵境駅前です。急な冷え込みとともに雪が降ってきました(画面ではわかりづらいですが・・・)。子どもの頃は雪が降ると大喜びでしたが、今は現場のことを考えてしまいます。大雪にならずに、まずは一安心です。

現場巡回2

2005年2月24日

pic_0598.jpg

移動中の車から記事を書いています。とても簡単です!さて、次の現場にあったルネス工法用のビーム材と床下地用の特殊合板です。このビーム材のおかげで、束(つか)の無い広大な床下空間が生まれます。まさに優れもの!

現場巡回1

2005年2月24日

pic_0595.jpg

現場巡回に回っています。ここは完成直前のクリニックビル。とても斬新なデザインですね。お客様に喜ばれるお引き渡しが出来るように、最後の詰めです。

pic_0586.jpg

今年の技術研究会が始まりました。この会は、技術的な研究テーマに対して社員さんが各チームに分かれ、一年間研究を進めるものです。昨年から始まり、今年で2年目。活氣も倍増してきました。内容的には、研究会と言うより具体的な実践を繰り返すもので、多くの学びと氣づきが得られます。社員さん一人ひとりの技術力向上にもつながります。このように私たちは、現在の現実的な課題に取り組む一方で、少し先の未来のための新技術創造のために、日夜努力をしています。今日は、今年のスタート会議。これから一年、楽しみながらがんばります!!

HPデザイン

2005年2月23日

pic_0585.jpg

新しいホームページのデザインと構成を打ち合わせしています。私たちが持つ情報や能力を、どのようにして的確に表現するか・・・これがテーマです。いかにお客様にとって有益なサイトをつくるか。これが簡単なようで難しいですね。できるだけ絞り込みながらも、多くの情報を盛り込んでいきたいと思います。そして、一般的な建設会社らしくない独特の個性を持たせていくつもりです(いつものように!)。それにしても、デザインづくりは楽しいですね。ワクワクしながら進めています(笑)。

自然との調和

2005年2月23日

040974dc.gif

ブログのデザインを変えてみました。鳥と建築物が優しく描かれていて、私たちのビジョンとピッタリのイメージですね!!また、自分のイラストも入れてみました(恥ずかしながら・・・)。なかなか似ているとは思いますが、ちょっと大きすぎて困ってます(笑)。これから大切なことは、「謙虚な心」「感謝する心」「調和する心」だと思います。このデザインのように、自然と調和する心を、いつまでも忘れないで行きたいですね。私たちは、より自然と調和した素材やデザインを使いながら、さらなる本物建築の創造を目指してまいります。PS・・・今年、ホームページのリニューアルを行いますので、その際にブログのマイ・デザインを作ろうと思います。お楽しみに・・・。

地鎮祭

2005年2月22日

pic_0584.jpg

今日は、午前中に地鎮祭が挙行されました。とても天氣が良く、素晴らしいスタートを切れたことと思います。これもお客様のおかげです。心より感謝申し上げます。さて、このお客様とのご縁は、今回で2棟目となります。私たち建設会社にとって、再度ご注文をいただくということは、大変名誉であり、かつ光栄なことです。本当にありがとうございます。頂いたご信頼にお応えし、お客様の期待を超える仕事をしてまいります。そして、いつまでも責任をもって、良きご縁を深めてまいります。さあ、着工です!がんばりましょう!!(注:テントが旧社名になっています。まだ使えるので・・・)

道路から

2005年2月21日

pic_0580.jpg

巣鴨の現場です。道路からよく見えますね。完成に向けて最後の仕上げ工事中で、監督も職人さんも一生懸命取り組んでいます。場内も整理整頓されていてキレイ。さあ、もうすぐ足場が取れて、建物の全貌が現れます・・・とても楽しみです。

現場事務所で39M

2005年2月21日

pic_0578.jpg

今日は現場で39ミーティング。3人の社員さんと行いました。いつもこのような進行表に従って進めていきますが、必ず横道に逸れていきます(笑)。それでも、そういうところにこそ思わぬ本音の話が落ちていて、なかなか良い氣づきが得られるのです。今日もいくつかの収穫あり。少しでも社員さんに喜ばれることができれば、結果的にお客様に喜ばれることに通じるはず。そう信じてこのミーティングを継続していきます。

相続税対策

2005年2月18日

pic_0572.jpg

今日は相続税対策についての勉強会に参加しました。相続税対策のポイントは3つです。

1)財産を減少させること(=評価を下げること)
2)納税資金を確保すること
3)将来の争いを避けること・・以上です。それぞれが大変重要なことですし、また入念な準備と計画が必要です。中でも、

1)の評価を下げるには、土地の有効活用が強力な手段となります。あらためて重要なポイントを整理・確認することができました。

未来からの視点

2005年2月17日

pic_0571.jpg

結局のところ、マンション経営の要諦は、「入居者の厳しい評価に耐え得るかどうか」に掛かっていると思います。つまり、お客様(=マンション・オーナー様)と私たちは、常に入居者(消費者)の目線を忘れずに、入居者本位のマンションを企画・設計・施工をしなければなりません。10年後、20年後を見据えて、その時点においても「選ばれる部屋」であり続けることが最も大切な要素となるのです。実は、意外とこの視点が欠如しがちです。大切なことは、未来からの視点を持って、今出来得る最大限の対策を講ずることではないでしょうか。私たちが、賃貸経営において「ルネス工法」をお勧めするのには、このような視点があるからです。10年後、20年後に感謝される仕事をしていきたい・・・それが、私たちの信念なのです。

二極化

2005年2月16日

pic_0570.jpg

分譲マンション市場の二極化が進んでいます。いわゆる「大型物件」の建設ラッシュもあり、需給バランスが崩れているのではないでしょうか。「大型物件」ならなんでも売れる時代から、より個性的な「自分らしいマンション」そして「良質な賃貸」を求める時代へ。このように徐々にですが、具体的な事象として「住宅」に関する指向の大きな変化が起きつつあります。今までのような供給者側の論理から、消費者側が主導権を握る時代への転換・・・いよいよ建設・不動産業界も他産業と同様の本来の形に入ってきたようです。ルネスの出番です。丸二の出番です。

セミナー&ニュース

2005年2月14日

pic_0565.jpg

今日は企画会議です。今年からスタート予定の「(仮称)丸二セミナー」と「(仮称)税務ニュースレター」について検討いたしました。この2つは、土地活用をお考え中の方々に対して、適切なアドバイス並びにコンサルティングを目指すもので、税務・法律・資産活用を中心とした専門家と共同して、お客様に有利でタイムリーな情報をお届けいたします。ぜひご期待ください!これから、もう少し中身を練ってまいります(笑)。よろしくお願いいたします!

第39号

2005年2月12日

pic_0547.jpg

ありがとう通信の第39号を作成中です。2ヶ月に1回の発行ですので、これで第1号から数えてちょうど6年半目となります。39はサンキュー(ありがとう)なので、丸二にとっても記念号ですね。内容を見ると、コーポラティブハウス「テラッサ青葉台」をはじめ多くの完成現場報告があります。本当にたくさんのお客様のおかげで、丸二は生かされていることが実感として分かります。本当にありがとうございます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。さて、次の記念号は、GO!GO!の第55号でしょうか(笑)。

対話の力

2005年2月11日

2月に入り、今年第一回目の39(サンキュー)ミーティングが始まりました。このミーティングは、私と社員さん全員が、1対1で約39分間(実際はもっと延びたりしますが)対話をするものです(39はありがとうのサンキューです)。ふだんは個別の業務に関わる話や打ち合わせをすることはあっても、じっくりと腰を落ち着けて、仕事全般のことやそれ以外のこと、または起きてる問題や悩みについて、本音で対話をする機会は意外と少ないものです。しかも社員さん全員とです。まだまだ遠慮はあると思いますが、その中から、様々な提案が生まれたり、不満が解消したり、思いを共有できたりと、少しづつですが確かな成果があがってきたと思います。今年は全4回の開催ですが、より密度を高め、理念の一体化をさらに進め、社員さんと共に世界一お客様に喜ばれる建設会社を目指してまいります。

五画

2005年2月 9日

pic_0536.jpg

昨日、勉強会にて大変興味深いことを教わりました。・・・「正(ただしい)」という文字は五画ですが、世の中で完全なるものは、十(じゅう)なので、五画ではまだ半分。つまり、「正」という文字の裏には、もうひとつ「正」の文字が隠れていて、これで合わせて十全(=完全)を意味している。自分が出来ること(=自力)は、いくら完全(正しいこと)と思っても常に半分でしかない。残りの半分は、自分だけの力ではない(=他力)。

だから、常に謙虚に、感謝して生きるように。そうすれば、残りの半分がついてくる・・・。今まで、そのような意識が無かったのですが、確かに「正」の文字は、5づつ数を計算する時に使っています。「正」が2つで10ですね。「丸二」も実は五画です。私たちも自力だけではなく、お客様をはじめとするすべてのものの「力」のおかげで生かされていると思うのです。あらためて大切な認識をさせていただきました。

合格、おめでとう!

2005年2月 8日

二人の社員さんが、資格試験に合格しました。ひとりが1級施工管理技士、もうひとりが2級施工管理技師です。共に私たちの仕事には無くてはならない大切な資格です。しかしながら、実際合格するのはなかなか大変です。毎日、現場で遅くまで仕事をして、しかも休みも少なく、一生懸命時間を作りながら、勉強をしなければなりません。その情熱が、このような素晴らしい結果をもたらしたものと思います。本当におめでとう!そして、ありがとうございます!自らのレベルアップの為に、そしてお客様によりよい品質をお届けする為に、これからもよい仕事をしていきましょう。今日は「GOOD NEWS!」からスタートです!

考えています

2005年2月 7日

pic_0530.jpg

「ルネス賃貸」のキャッチフレーズを考えています。どのようなキーワードを使うと、土地活用やマンション経営でお悩み中の方々に、その素晴らしさをダイレクトにお伝えできるでしょうか・・・。なかなか難しいですね(笑)。よいものを適格にお伝えすることも、企業の大切な仕事。よいものだからこそ、その真価を正確に理解していただきたいのです。だから、一生懸命に考えて、その思いを言葉に置き換えていこうと思います。まだまだ時間が掛かりそうです(笑)。よいキーワードが見つかりますように!

光と風

2005年2月 6日

pic_0523.jpg

生活空間にとって大切なものは光と風。集合住宅ではなかなか難しい課題です。でも「ルネス」なら大丈夫。窓が天井まで高いので、光と風が氣持ちよく入ってきます。だから一年中が森林浴。自然と共に生きる智慧です。

基礎

2005年2月 3日

pic_0505.jpg

基礎工事中。何事も、見えなくなる所が大事です。白く見えるのは断熱材で、これを敷き占めて行きます。職人さんが、とても丁寧に仕事をしています。今日は風が強いですね。毎日、現場の皆様、ありがとうございます。

自然との共生

2005年2月 2日

pic_0501.jpg

三宅島の避難解除がなされ、第一陣が帰島しました。まだ火山ガス等の不安はありますが、復興に向かっての大きな一歩となると思います。このような地域における大規模な災害や事故が起きた際、世界的な感覚では、市民はその場所に戻らないそうです。一度災いが起きた場所で暮らすよりも、新しい安全な場所を選ぶとのこと。協力して復興しようという意識は薄いようです。そういう意味において、私たち日本人は生まれ育った場所を愛し、何があっても、そこで暮らすことを大切にする遺伝子を持っているのかもしれません。「自然との共生」を文化とする日本人の心は、いつまでも不変なのです。

ブログ仲間

2005年2月 1日

私の尊敬する友人でお客様のW氏がブログを立ち上げていることを発見しました(トラックバックしていただき、ありがとうございます!)。内容も数段素晴らしく、とても勉強になりそうです。ブログを始めてまだ1ヶ月ですが、だんだんと仲間が出来てきました。これからお互いに良質の情報を発信しあえるといいですね。よろしくお願いします!!

縁会

2005年2月 1日

今日は、縁会です。宴会ではありません(笑)。当社では、毎月第一火曜日の夜に、社員全員が集まってミーティングを行ないます。会議室で環(円)となり縁を結ぶ形から、「縁会」と名付けました。今年からは、さらに時間を増やし、社員さんたちとより深く価値観を共有できるよう工夫をしていきます。今日のテーマは、景氣の現状と私たちの方針の確認です。増税化(特に相続税)が急速に進む状況の中で、土地をお持ちの方々に対する適切なアドバイスを行い、お客様の節税のお力になること。その上で、賃貸経営の敵は「空室」と位置づけ、その解消の為に「ルネス」という唯一無二のシステムがあること。世の中の大勢が持家派から賃貸派に移行する中、より良質な賃貸住宅が求められてきたこと。以上の中から、私たちの役割をしっかりと認識して行きたいと思います。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.