MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

2005年4月のバックナンバー

pic_0751.jpg

「ありがとう通信」最新号に描かれている社員さんたちのイラストです。なかなか良く似ていると思います(笑)。建設会社というと、一般的にかたくて近寄りがたい雰囲氣があります。そこで丸二の場合は、このようにして社員さん全員のイラストを作成し、様々なツールでご紹介しています。写真もいいのですが、このイラストの方が、より本人の性格を表現しているように思います。小さなことかもしれませんが、お客様との距離をできるだけ短くし、よきコミュニケーションをとりながら、共に素晴らしい建物を創りあげていきたい・・・それが、私たちからのメッセージです。ぜひ、イラストを見てから本人を見て、似ているかどうかを確かめて見てください。きっとビックリしますよ(笑)。これからも新しいイラストを楽しみにしてください。

衝撃、そして考える

2005年4月28日

この度の尼崎の電車事故は、大きな衝撃と共に重大な警告を発していると思います。事故発生後、様々な事実が明らかになりつつありますが、本質的には企業理念の問題ではないかと感じます。私たちも本日、幹部会にて丸二の場合はどうかを考え、あらためて点検と確認を行いました。「お客様に喜ばれる」という極めてシンプルな理念を実現する為に、その背景では様々な方針や仕組みが動いています。しかしながら最後は人です。お客様の立場で考え、何が大事かを判断できる人づくりとそれを支援する体制づくりに、今後も磨きを掛けていきます。

吹き抜け

2005年4月27日

pic_0745.jpg

最後は木造住宅です。今日は3現場の巡回で、ほぼ一日がかりです。この木造住宅は大変見事な吹き抜けがあり、棟が上がった今の状態でも、その大きさと高さが体感できます。他にも、基礎パッキン等も使って床下の通風処理もしっかりと行う等、とても住みやすい住宅を建築中です。そして、これからが内外装の工事。お客様の喜ばれる顔をイメージして、さらに良い品質管理を行ってまいります。

喜ばれる仕事を

2005年4月27日

pic_0743.jpg

次の現場も、もう一人の新入社員さんが配属された現場です。順調に杭工事が進行しています。それと同時に、極めて現場全体がキレイな状態でした。これは、社長としてもとても嬉しいことです。もちろん現場の立地環境が良好であることが大きな要因ですが、細部にわたって「意識して」整理整頓をするということは、なかなか出来ることではありません。現場は動く生き物ですので、進行により様々な状況となりますが、今後もこの意識を持って、お客様に喜ばれる仕事をしていきましょう。

コンクリート打設

2005年4月27日

pic_0742.jpg

4月度の現場巡回です。新入社員さんの配属された現場に来ました。いよいよ明日がコンクリートの打設日です。前日の緊張感が伝わってきます。今、様々な耐震工法や免新工法が登場していますが、実は最も大切なことは「よいコンクリートを打つ」という一番基本的なことなのです。そのためにもコンクリート打設は重要な一日。建物に生命を吹き込む日です。現場では、打設に向かっての点検と確認を念入りに行っています。

クリニック完成

2005年4月25日

pic_0741.jpg

完成工事の社内検査を行いました。三鷹市内のクリニックです。ピンクが効いてるオシャレなデザイン。このようなちょっとした味付けが建物を引き立たせます。賃貸住宅も併用ですので、住む人にとっても素敵ですね。

MARUNIの花

2005年4月24日

pic_0736.jpg

色とりどりの花たち。家の近くの道端にて。SMAPの歌ではありませんが、それぞれが個性を持って自分らしく生きていけばいいんですよね。私は私らしい経営を行い、丸二は丸二らしい花を咲かせればいい。夢は満開。

反射光

2005年4月24日

pic_0733.jpg

月です(写りが悪いですが…)。月は太陽の光を反射して、明るく光ります。経営においては、トップの輝きが増すと、その光が社員さんに反射し、お客様に温かい思いが伝わります。自然の法則から学ぶことは多いです。

元氣とパワー

2005年4月23日

pic_0732.jpg

ただ今、吉祥寺南町のわんぱく相撲の開催中。お手伝いで来ています。午前中は小学校の校庭でサッカーと野球もあり、子どもたちのイキイキとした姿が見られました。たくさんの元氣とパワーをいただき、ありがとう!

2006年度採用、始まる

2005年4月23日

昨日は2006年度採用の打ち合わせをワイキューブさんと行いました。昨年から始めた会社説明会も今年は5月に開催します。昨年は秋でしたので、また環境が変わりますね。企業の採用意欲も上向きですので、丸二としてもパワーを上げて行かないといけません。これからは中小企業にとっても採用力が最大の課題となります。よき人との出会いが、会社にとっても、その本人にとってもハッピーになるよう、夢をもって挑戦していきます。丸二の会社説明会に、ぜひ来て下さい!私たちの思いと志を一生懸命お伝えします!

花、感謝

2005年4月20日

pic_0729.jpg

父(当社会長、丸二創業者)が、自宅に咲いた花を持ってきてくれました。母が花が大好きで、家の花壇で様々な種類の花を育てています。照れくさいですが、いつも感謝しています。ありがとうございます。最近の世の中、親に対する感謝という意識が極端に薄れてきたと思われる出来事が、非常に多く起きています。もちろんすべてではありませんが、全体的に「親を敬う」という日本の良き伝統が見えにくくなってきたようです。

私は、決してこのような文化が失われた訳では無いと思っています。ただ、社会のあり方が変わり、そのような「良心」に光を当てる場面が徐々に減少してきたのではないかと感じています。今、憲法改正論議が巻き起こっていますが、もし改正されるのであれば、このような日本人の文化、伝統、美意識を尊重する(思い出す)メッセージが込められて欲しいですね。ふと、そんなことを思いました。花があると心が安らぎます。感謝報恩の志を持って、日々反省と共に、前向きに経営者業に邁進していきます。ありがとうございます。

太陽、秩序、規律

2005年4月17日

pic_0724.jpg

その太陽にフォーカス。太陽を中心に自然界は秩序を持って運行しています。この秩序は私たちの日常においては「規律」ですね。規律ある組織は自然と調和し、目標も達成されます。実はルネスの成功は、私たちの規律次第なのですね。お客様に喜ばれるためには、自らを律し、かつ本物の商品に情熱を傾けること・・・大切な氣づきを得ることができました!

サンライズ

2005年4月17日

pic_0722.jpg

箱根の爽やかな朝。テラスに出てみると素晴らしい日の出(サンライズ)が目に入りました。そして様々な鳥の声。すべての社員さん達のルネスへの熱い思いが通じたのでしょうか。とても優しく穏やかで、かつパワフルなエネルギーを感じます。本物の時代、来たる!本物への挑戦、始まる!

pic_0716.jpg

今週末、社員研修会を箱根の地にて開催しました。名付けて「ルネス賃貸パワーアップ研修」。実務的かつ技術的な視点からルネスを学び合い、あらためて知識の共有化を図りました。写真は、工事部長がルネスを技術的に解説しているところです。やはり一同に会し、認識をひとつにすることが大切ですね。ルネスに取り組み12年。また新たな出発です!

pic_0712.jpg

水道管に取り付けるだけで、家庭内のすべての水道水を、高いエネルギーの水に変えてしまう画期的な技術の誕生です。昨日、㈱本物研究所の方とお会いし、いろいろと教えていただきました。これは関英夫先生という工学博士が開発したグラビトン理論によるもので、高い遠赤外線を放射するものです。メンテナンスが不要で、家庭で使う水道水が一瞬にして生命力の高い安全な水に変わります。飲み水として健康に良し、ご飯もおいしく、花も元氣に。肌もすべすべ、水垢も無くなります。その他たくさんの効用があるのですが、家全体が高いエネルギーで満たされるイヤシロチになるということが、最大の効果のように思います。さっそく取り入れて、体験レポートをお知らせしますので、お楽しみに。

pic_0709.jpg

根岸で「ルネス賃貸」の完成です。ここはワンルームタイプですが、やはり床下空間の巨大収納庫が魅力ですね。お客様へのお引き渡しまで現場所長以下、全員で一生懸命最後のまとめです。ありがとうございます!

杭、順調に

2005年4月 8日

pic_0708.jpg

引き続き、あざみ野の杭工事です。これが地中に入っていきます。そして、コンクリートと共に建物を下からがっちりと支えます。とても重要な役まわりですね。一日3本のペースで作業は順調に進んでいます。

見えないところ

2005年4月 8日

pic_0707.jpg

今日は青葉区あざみ野の現場にて、2人の社員さんと39ミーティングを行いました。そして今日もまた、たっぷりとしたコミュニケーションと共に、たくさんの氣づきをいただきました。本当にありがとう!1対1のコミュニケーションに勝るものはありませんね。39ミーティングは、丸二の血液のようです。さて、写真は杭工事の状況です。コンクリートが着実にしっかりと入っていきます。コミュニケーションも建物も、やはり見えないところが一番肝心ですね。

教育の場づくり

2005年4月 8日

pic_0703.jpg

教室は仕切りの無いオープン型。でも、非常に落ち着いた環境で授業が進められています。素晴らしいのはすべて木で作られた机。とても温かいですね。教育にとって、いったいどのような場がベストなのでしょうか・・・。このような環境を見ると、いろいろなヒントが生まれてきそうです。近い将来、教育開発の最も効率的な方法が科学的に解明されて来るのでしょう。

大野田小学校完成

2005年4月 8日

pic_0701.jpg

JVで参加しました武蔵野市立の小学校の工事が無事完成しました。このような様々な新しい試みを導入した先進的な校舎の建築に関われましたことを、心から嬉しく思います。ここで学べる子どもたちは本当に幸せですね。日本はやはり豊かだと思います。心から感謝。

穏やかに・・・

2005年4月 8日

pic_0698.jpg

武蔵野市役所近くの有名な桜並木です。桜を見ると、本当に心が穏やかになりますね。ジェームス・アレン氏のいくつかの本(「原因と結果の法則」等)に「穏やかな心を…」という言葉がよく出てきます。「静」と「穏」には大きなパワーが内在しているようです。桜からたくさんのパワーをいただいて、心身ともにリフレッシュです!

朝、桜

2005年4月 7日

pic_0693.jpg

朝、家の前にて。遅れた開花ですが、やはりキレイですね。やっと春が来ました!ところで、いつも思いますが、日本の四季の素晴らしさには本当に驚かされます。毎年、春には桜が咲き、夏には蝉が鳴き、秋には紅葉、冬には白銀の世界・・・。

地球における日本の位置と地軸の角度。そして太陽を中心とした一点の曇りもない天体の運行。すべてが決められた機械仕掛けのように正確で、全く狂いの無い制御によって、この見事な日本の四季は生まれていると思うのです。当たり前のことのようですが、当たり前では無いですね。

今、環境問題が声高に叫ばれていますし、実際最近の天候不順も含めて、その現象はますます顕在化してくるように思います。私たちは、そのような状況の中で、より環境に配慮した商品づくりや生活姿勢(生き方)をしなければなりませんが、その前に、この大いなる自然の中で「生かされている」ということに氣づき、感謝する思いこそが最も大切なことような氣がします。日々の雑事の中でついつい忘れてしまいがちですが、このような季節の変わり目の「美」を見つけるたびに、思い出していきたいと思います。桜さん、ありがとうございます!!

新入社員歓迎会

2005年4月 6日

pic_0692.jpg

昨日は新入社員さんの歓迎会を行いました。今年は2名(男性1名、女性1名)の入社です。本当におめでとうございます!新しいパワーが入ったせいか、歓迎会も大変(非常に!)盛り上がりました!これで2人の新入社員さんも、あっという間に丸二マン(ウーマン)の仲間入りですね(笑)。これから皆と共に、お客様に喜ばれる仕事を通じて、自らの幸せな人生を築いていきましょう。とても楽しみです。それにしても本当に盛り上がりましたね(笑)。これで総勢38名の丸二。これからもさらにパワーアップして、お客様の笑顔づくりに全力投球です。

生命をかける

2005年4月 5日

pic_0680.jpg

お客様の主催する会に参加した際、全員に素晴らしい本のプレゼントをいただきました。松下幸之助に育てられたPHP研究所社長の江口克彦氏の「経営者の教科書」です。経営の普遍的な心得を100項目にまとめて書かれていて、大変勉強になりました。中でも「人生マイナス仕事=ゼロ」を受け入れる覚悟を持て!というメッセージは非常に重く、かつ真摯に受け止めることが出来ました。

これは「人生から仕事を引いたらゼロになってもいい」、つまり「人生=仕事」そのものであるということです。私も経営者となり8年目ですが、確かにこのような覚悟がないと、経営者は務まらないという強烈な実感があります。言葉を変えると「生命をかける」ということなのかもしれません。

私もまだまだ甘い部分があると思いますが、これからもお客様に喜ばれる経営に生命をかけてまいりたいと思います。しかしながら、日本の中小企業のトップは、経営に関しては、個人保証までしていますので、文字通り「命がけ」ですね。だから、日本経済は絶対に大丈夫だと思います。皆、生命をかけて経営をしていますから。必ずまた日本の時代は来ると信じています。

丸二セミナー

2005年4月 2日

pic_0679.jpg

今日は丸二セミナーも開催しました。今まで丸二では、数多くのセミナー・勉強会を開催してまいりましたが、今回あらためて土地・建物の有効活用を中心にした資産保全対策をテーマとするカリキュラムをシリーズ化し、長期的なセミナーをスタートすることになりました。今日がその初回です。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます。今後もより具体的で事例を交えたお話をしながら、お客様の大切な資産活用に対するご提案や、その他の有益な情報を提供していきますので、よろしくお願いいたします。次回は6月4日(土)で、テーマは「相続税・贈与税のしくみ」です。個別相談も受け付けていますので、ぜひご参加ください!(会場は、武蔵野商工会館です)

pic_0677.jpg

ルネスは当然バリアフリーで、床に段差がありません。一般的なマンションでは、水回りの箇所(トイレや風呂、洗面所)は、一段上がってしまいます(排水の勾配が必要なため)。ルネスは、床下に空間があるので、この空間内にて勾配を解決。だから、水回り箇所でも段差が無く、安全な居住空間を確保できます。この広大な床下空間は、様々な設備配管の日常的な点検や修理を容易にしますので、設備配管の寿命が無限大になります(通常は20年以内でダメに)。これで、建物の寿命と設備の寿命がイコールとなり、多額の修繕維持費が不要に。オーナー様にとって、最も嬉しい大きなコストダウンです。

窓が・・・

2005年4月 2日

pic_0676.jpg

窓が天井の高さいっぱいまであります。通常のマンションでは梁があり、このように天井までの窓はできません。ルネスであれば、梁は床下に隠れていますので、このように天井高までの窓が可能となり、部屋の明るさと風通しの良さは、比較にならないくらいの快適さです。これも、ぜひ体感してください!

収納力と音

2005年4月 2日

pic_0673.jpg

見学会開催中の「ルネス賃貸」の床下収納です。これは開け口で、実際は部屋の床下すべてが収納スペースになっています。この部屋は4階ですが、各階どこの部屋でも床下収納があります。ぜひ実際の目でご確認ください。写真では説明できないくらいの広さですので。また、これだけの床下空間が、様々な音を吸収してくれるため、集合住宅の最大の不満である「上下階の音」もついに解決しました。マンション暮らしにおいて精神的な問題までに発展している音の問題を、このように基本的な建築構造的に解決したのはルネスだけ。束(つか)の無い床下空間が、それを実現しました。体感してみてください!

pic_0668.jpg

JR京浜東北線「大井町駅」(品川区)の近くにて、「ルネス賃貸」の見学会を開催中です。ルネス工法による1DKと1LDKの良質な賃貸マンションがこの目で見られます。入居者の厳しい評価に耐えうるマンションかどうかを、ぜひお確かめください。坪50万円以下のローコストマンションを建てる前に、必見です!明日の日曜日まで開催中ですので、心よりお待ちしております。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.