MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

2005年6月のバックナンバー

こころ

2005年6月28日

pic_0840.jpg

今日も、おかげさまで地鎮祭を行わせていただきました。本当に会社の近くの現場で(歩いて2~3分です)、このような工事をさせていただけることを心から嬉しく思います。お客様、ありがとうございます!必ず喜ばれる仕事をしてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします!さて、今日も猛暑でした。祭事も地元の八幡宮様によって厳粛に行われ、宮司様もお客様も汗だくになっていましたが、終了後に冷たく冷やした(というよりも凍った!)おしぼりを皆様にお配りさせていただきました。

実はこれは、当社の社員たちが、この毎日続く暑さのことを考えて自ら準備をしたことで、社長としてとても嬉しく思いました。まだまだ足らないところがたくさんある会社ですが、少しでもお客様に喜ばれる「こころ」を育んでいきたい。そのような思いをさらに高めていくことが、「サービス業としての建設業」にとって、大切な「こころ」になると感じます。日々、勉強させられます。お客様、ありがとうございます!社員さん、ありがとうございます!

サービスとは・・・

2005年6月27日

先日、昼食を食べるためにある定食屋さんに入りました。健康に配慮した自然食材のみを使っているとのことで、値段も高め。でも、今ブログで美味しいお店等の紹介も多いので、試しに入ってみました。ところが・・・。

待ち時間が非常に長かった(これは仕方ないかもしれませんが)。テーブルに料理を置く際にスープをこぼされた。黒米を頼んだのに麦飯が来た(聞かれたので頼んだのに・・・)。時間が無かったのでデザートは早めにくださいとお願いしたのに全然来ない・・・(違う人に頼んだらすぐ来ました)。以上、いろいろとありました。

そこで、教訓です。「いいものを出しているからといって、サービスを忘れてはならない」「いいものを出しているからこそ、さらに期待を上回るサービスや温かい対応を付加しなければならない」・・・当たり前のことですが、なかなか出来ないことです。私たちも「本物建築」をご提供している会社です。建設業は「サービス業」です。よって、他社以上にさらなるサービス・対応力・徹底力・親密度の向上を目指していかなければなりません。氣が引き締まる思いがしました。PS・・・ちなみに味は美味しかったです。

本を読むということ

2005年6月26日

最近、社員さんの中で「本を読む」人が増えてきたようです。私がブログで紹介した本や、デスクの上に置いてあるビジネス書などを借りる社員さんもいて、なかなか感心しています。「本を読む」ということは、極めて短い時間で(かつ安価で)、物事の道理や事実や智慧に触れることができる宝物のように感じます。

もちろん、本よりも実際に体験したり、直に接したりすることの方が、認識は確実に深まるはずです。しかしながら、私たちビジネスマンにとって、知りたい多くの事柄に接する時間とお金は、なかなか持ち合わせないのが現状ですね。それくらい、多くのかつ広範囲の物事を知る必要性があるとも言えます。本のメリットは、物事のすべてを知ることは出来ませんが、その本質(エッセンス)に触れることができるところにあると思います。様々なジャンルの智慧を様々な視点から読み(決して額面どおりに受け取る必要は無く)、その本質だけを捉え、自分なりに組み立てをしていく。そこに、ある種の「仮説」が生まれます。「もしかしたら、こういうことではないだろうか・・・」と。その仮説を持ちながら、日々のビジネスや生活の中で味わう極めて微量の経験(らしきもの)にぶつかって、初めて「モノの道理」が掴めてくると思うのです。

そういう私も、実は読書大嫌い人間でした。子どもの頃から学生の時まで、一冊の本を読みきった試しも無く、本とは無縁の生活をしていました。それが、ビジネスの世界に入り、経営者になる段階となり、否応無しに読まざるを得ない状況となったわけです。それくらい日々の生活や見聞の中だけでは、自分の能力だけでは(特殊な直観力や見識力があれば別ですが・・・)、到底追いつかないと判断したためです(謙虚なんです・・・)。それ以来、急に本好きになりました。社員さんも、毎日充実の日々なので、なかなか本に目を通す余裕は無いかもしれませんが(実務上必要なものは、当然読まなければなりませんが!)、それ以外で、一日10分でもいいので、どんな本でも続けていくといいですね。今すぐ効果が現れるものではありませんが、その蓄積は、いつか無限のパワーになると思います。すべては自らの認識力向上のためですから。

ハッピーデー!

2005年6月25日

pic_0838.jpg

本日は、午後にも地鎮祭が行われました。とても嬉しい日です。これで、地元にルネスがまたひとつ誕生です。お客様、ありがとうございます!燦燦とした陽光の下(暑さにもめげず!)、お客様に喜ばれる仕事を目指して、社員一同新たな氣持ちで着工です。一日に2つの地鎮祭、今日もハッピーデー!感謝しても、しきれません。

7回目の地鎮祭

2005年6月25日

pic_0837.jpg

今日は素晴らしい天氣の下、厳粛なる地鎮祭が行われました。実は今日のお客様からは、これで「7回目」の地鎮祭となります。つまり今までで、7棟の工事をいただくことができたのです。建設業の中で、これほど嬉しく光栄で感謝すべきことはありません。本当に、本当に、心から感謝申し上げます。この感謝の思いをしっかりと工事で果たし、今まで以上に喜ばれるよう全力をあげてまいります。このように、お客様とのよき出会いのおかげで、私たちは成長させていただいています。ありがたいです。画面に見える向こう側の建物は、当社が施工させていただいた2棟目のマンションです。このように、これからもひとつひとつ、お客様と共に歴史を刻んでまいりたいと思います。本当に、ありがとうございます。

上機嫌の作法

2005年6月21日

pic_0834.jpg

今、かなり有名な斉藤孝氏の本を初めて読みました。「上機嫌の作法」というもので、いわゆる「成功法則」的な視点ではなく、上手に生きていくための技術論として、面白おかしくまとめてありました。「不機嫌が許されるのは、赤ん坊と天才だけ」という厳しいご意見・・・反省です。「上機嫌」という言葉は、わかり易くていいですね。日常的な氣分をどのようにコントロールするかを理解することが出ました。ナポレオン・ヒルやマーフィーの成功法則や、船井幸雄氏の「プラス発想」、小林正観氏の「うれしい、たのしい、しあわせ」、斉藤一人氏の「ツイてる」等と共に、「上機嫌」もこれから意識していきます。

お客様の声

2005年6月19日

pic_0833.jpg

丸二は、お客様の声をお聞きしています。写真は当社の応接室の壁。このように、お客様からの声(葉書)を掲示しています。私たちのエネルギーの源は、言うまでも無く「喜びの声」!お客様からの喜びの声ほど嬉しくて、情熱の湧き出てくるものはありません。私たちは、「喜ばれる喜び」を糧として、常に前へ前へ前進しています。

感謝、学生の皆様へ

2005年6月16日

今日は、2006年度新卒採用の2次面接を行っています。本当に多くの学生の皆様にお越しいただき、ただただ感謝。とても礼儀正しく前向きで、日本の前途は明るい!と、喜んでいます。今日の学生さんとの対話(質問)の中で、いくつかの氣づきが生まれました。設計と施工、これの違いは何か?私が思うのには、設計は「原因」、施工は「結果」・・・少し難しいですが、こういうことだと思います。私たちが「設計施工」によるご提案を行うのは、「原因」である設計に私たちが責任を持つことで、最大最善の「結果」を出すことが可能だと思うからです。また、施工管理(現場監督)の仕事は「長距離ランナー」。2~3年でパッと結果の出るような「短距離ランナー」ではない。ただ、5年後10年後20年後、ふと振り返ると、考えられなかったような成長を遂げている(道のりを走っている)。これが、建築の世界。本当に素晴らしい。共に成長していきましょう。

ルネス+外断熱

2005年6月14日

慶應義塾大学グループの「慶應丸の内シティキャンパス」にいる友人が来社。久しぶりに会って、いろいろな話が出来ました。丸二の現況について話していると、「ルネスと外断熱の両方を真面目に取り組んでいる会社なんて、他にはないじゃないか。トモキ!それはものすごいことだぞ。もっともっとPRした方がいいよ。世界にひとつじゃないか。それにコンクリートの研究もすごいじゃないか。これからどうやって伝えていくかが課題だな」と、熱く語ってくれました。本当に嬉しい!ありがとうございます。まさに言われるとおりです。良いものをどのように伝えるか・・・。いよいよ機は熟してきました。

まるれぽ2号

2005年6月14日

pic_0819.jpg

丸二ニュースレポート「まるれぽ」の第2号が完成しました。今回から「ライフプランニング」についてのコラムも登場です。お客様の資産管理全般に対して、より有益な情報をお届けする「まるれぽ」。どうぞご覧ください!

土地に陽光を

2005年6月11日

pic_0817.jpg

三鷹の解体中の現場です。夜ですので、写りがわるいですが(笑)。思い出深い住まいが無くなり、そして新たなルネスの住宅+賃貸がこの地に生まれます。その間、一瞬ですが、この土地に太陽の燦燦とした光が当たります。長年建物の下で、一生懸命この地を守ってきた土地に、たっぷりとした陽光や水を与えられる貴重な時間。そして地鎮祭を行い、心から願うのは、「ありがとうございます。たっぷりと光を浴びてください。そして、また新しい建物を守ってください」という思いです。何十年、何百年に一度の光、もうすぐです。ありがとうございます。

万生溶液

2005年6月10日

5fe7fad0.gif

薬草として使用されてきた「イタドリ」「柿の葉」「よもぎ」他数種類の植物成分を抽出した「万生溶液」(ネイチャーグレイス製)。実は、大変なパワーがあるようです。湿氣やカビの防止、いやな臭いの消臭、ホルムアルデヒド等の有害化学物質の分解(シックハウス対策)・・・。現在の建築で最も困っている問題を、「安全に」かつ「簡単に」解決。丸二も導入することにいたしました。本物のエコ建築を実現するにあたり、この新技術は欠かせないと思います。今後、多くの実例を持って検証してまいります。カビ、湿氣、シックハウスでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

今月からスタートした「ありがとうグループミーティング(AGM)」。第1回目を火曜日に行いました。これは、社員さん数名(5~6名)と社長とで、夜、食事をしながら楽しく情報交換や意見交換をする場です。社員さんと一対一で行っている「39ミーティング」では生まれにくい別の意味でのコミュニケーションの活性化を目指しています。おかげさまで、初回から大変盛り上がり、多くの貴重な意見や質問、考え方の刷り合わせ、社内の面白い裏話(?)も続出し、楽しい2時間を過ごさせていただきました。この勢いと喜びを持って、「お客様に喜ばれる建設会社」を目指していきます。次回は7月。今度は、どんな話が飛び出すか。ドキドキ楽しみです。

躯体精度が生命

2005年6月 7日

鉄筋コンクリート造の建物の生命は、躯体(構造体)精度です。建物の形状や大きさ、立地条件等で、コンクリートの打設計画は変わります。つまり、よいコンクリート躯体を打つには、細心の準備と計画が必要です。最近完工したある現場の完成後の実績報告書にこうあります。「建物形状が長く奥行きがあり、隣地建物と現場が非常に密接しているので、外部躯体の精度を重視しました。型枠職長と作業の進め方を十分打ち合わせし、コンクリート打設前には、型枠建て入れ精度と型枠水平の精度を良く確認した上で打設作業を行いました。

結果、躯体工事に関して、左官補修無く良好な躯体精度が保てました」・・・このように報告されたとおりに見事なコンクリートを打つことが出来たのは、このような極めて基本的な準備と計画を徹底して行っていたからです。決して慣れずに、常に「初めて」という意識で、謙虚に準備をして、自信を持って行動する。この小さな連続の積み重ねが「凄い!」現場管理と品質を生み出しています。

セミナー、終了!

2005年6月 4日

pic_0802.jpg

「第2回(通算第78回)丸二セミナー」が無事、開催されました。雨の中にも関わらず、多くの方々にお集まりいただき、誠にありがとうございます。森下先生と松本先生の「面白い!」情報がたくさんお聞きでき、私たちも勉強になりました。結局のところ、資産運用や財産保全も、明るく楽しく自分らしく行うことが大切のようです。そして、そのためも自分自身の財産の現状把握が第一。まず、ここから始めていきましょう。次回は8月6日(土)です。参加者数も増えてまいりました。両先生の穏やかで熱いトークもますます絶好調!次回もお楽しみに!!

pic_0800.jpg

明日の「丸二セミナー」(ひとつ下のブログを参照してください)にて、ご来場の方にこの本をプレゼントいたします。納税額日本一の超有名な商人、斉藤一人さんについて書かれた最新の本です。中身はとても字が少なく、簡単な本ですが、なかなか面白そうです。「ツイてる!」と思ったり言ったりしていると、本当にツイてくるという斉藤一人さんの成功法則は、とてもシンプルで面白くて明るい。私は大好きです。具体的な税務対策や資産運用と共に、必要な智慧のような氣がします。明日、プレゼントします!!

pic_0799.jpg

あまり詳しくないインターネットの世界。しかしながら、時代の変化に伴い、否応無しに生活の中に定着して来ました。当社としても、その変化の推移を見守りながらも、最近では積極的にインターネットを活用し始めています。現在研究中は、社内のコミュニケーション・ツール。本社から遠い現場にとって、唯一のホットラインは携帯電話。

でも、これだけでは伝える情報に限度があります。ビジュアルな情報(=質)と、伝える相手先の数。全社員による共有化。そして、仲間からのスピーディーな応援や適切なアドバイス。これらの実現には新しい通信システムが不可欠です。ここに焦点をあてて、独自のシステムを開発中です。今日はその打ち合わせを行いました。ひとつひとつの現場が一体となり、より標準化された、より質の高い、より適切な現場運営を目指し、さらに磨きを掛けて参ります。丸二は、また変なこと(!)を始めました(笑)。

明日はセミナー

2005年6月 3日

pic_0797.jpg

明日は「第2回(通算第78回)丸二セミナー」です。今回は、土地活用アドバイザーの森下清隆氏とファイナンシャル・プランナーの松本佳也氏による講演です。最新不動産事情と相続税・贈与税のしくみについて、とても分かりやすくお話していただきます。
無料の個別相談も受け付けていますので、ぜひご参加ください。時間は夜6:30~8:30、会場は武蔵野商工会館5階です。詳しくは、当社のホームページからお申し込みください。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.