MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

2005年12月のバックナンバー

仕事納め

2005年12月28日

04a99038.jpg

本日は、今年の仕事納めです。一年間、お客様並びに関係各位の皆様には大変お世話になり、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げあげます。来年も素晴らしい一年になるよう、社員一同お客様に喜ばれるために全力投球してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。さて写真は、本日の納会のためのお神酒です。「丸二」の文字が力強く、ますますパワーが湧いてきます。隣の黄色いワンちゃんは、デパートで目に付き、なかなか可愛いので、つい買ってしまいました。来年は戌年ですので。2006年、すべての人々にとってワンダフルな一年になりますように!ありがとうございます!

コンクリートと水

2005年12月26日

耐震強度偽装問題に関して、数日前からニュース等で、「シャブコン」という言葉が出てきました。シャブコンとは、コンクリートを型枠に流し込みやすくするために、勝手に「水を加え」、やわらかくしてしまうことです。これにより、工期短縮とコストダウンを図ろうとするわけです。当然、違法です。鉄筋を入れないだけでなく、コンクリートも薄めていたのではないか・・・そういう疑惑が出てきました。建設会社の良心はどこに・・・。本当に、残念でなりません。丸二の場合は、先日のブログ等でご紹介した通り、まったく逆で、「水を減らす」方向にいるわけです(=スランプを小さくすること)。当然、施工には手間が掛かり、コストも上がります。それでも尚、構造の本来の力をより高めるために、手間を掛けて、汗を流して、コンクリートを打設しているのです。この違いは、一体どこから生まれてくるのでしょうか。私は、「生かされている」ことを認識しているかどうか・・・これが大きな分かれ目ではないかと思います。生かされていることを、絶対に忘れない。その理念をもって、丸二はさらに一体化してまいります。

花、花、花!

2005年12月22日

8bd45418.jpg

下記のパワー・コンクリートの現場の場内にて、「花」を発見!「現場内に花を置き、働く職人さんの意識を変え、気持ち良く作業のできる環境を整えられたら、何か良い結果が導き出されるかもしれない。または、そのようなきっかけが生まれるかもしれない」・・・そんな思いを社員さんにお伝えしていたのですが、この現場でも善事即行をしてくれていました。ありがとうございます。3つの花が、場内にしっかりと置かれていて、工事中の現場とは思えない環境を見せてくれていました。どのような結果が出てくるかは分かりませんが、でも何でもやってみないとわからないですよね。丸二の社員さんの意識は、確実に高まってきていると思います。とても、嬉しいです。

485a17dd.jpg

日野市の個人住宅の現場です。この建物は鉄筋コンクリート造で、通常よりもスランプを小さくし(スランプ15)単位水量を抑えた生コン打設(パワー・コンクリート工法)にて行いました。これは、実は非常に大変なことなのです。このパワー・コンクリート工法により、通常よりも強固で、密度が高く、耐震性に優れ、長持ちする、「強い鉄筋コンクリート構造体」が完成します。もちろん結果的に、建築コスト並びに打設の手間も増えますが、それくらい「構造の力」は重要であると考えています。本日打ち上がった躯体を見て、とても良く出来ていることが確認でき、大変嬉しく思いました。今後も、弊社独自の「パワー・コンクリート」の普及に全力を上げて行きます。

外断熱の追求

2005年12月22日

1c2a770c.jpg

ルネス工法と外断熱工法を採用した「フェアライフあざみ野」の現場にて。階下の居室部分へのヒートブリッジ(熱が伝わってしまうこと)を防ぐために、各戸のエントランス外部の床に、写真のような外断熱用ロックセルボードを敷き詰めています。本工事は、ここまでの配慮を行うことで、完全なる外断熱を目指しているのです。

aa3faea2.jpg

会社のトイレに掛かっている相田みつをさんの言葉。今日は、「ひとつひとつかたずけてゆくんだね 具体的にね」・・・毎日、腑に落ちています。人間、生きていると様々な出来事と出会い、時に複雑になり、時に混乱してしまいます。そのような時に、相田みつをさんのシンプルなメッセージを見ると、ふと肩の荷が降りるのです。最高のリラクゼーションですね。このように、本質を突いた言葉(言霊)には、人を癒すパワーがあります。さて、建築はどうでしょうか。真に人を癒す建築空間を造れたのなら、どんなに素晴らしいことでしょう。丸二は「それを」目指しています。

c6f176b4.jpg

当社の社屋の屋上に、新しい広告看板が設置されました。夜でも鮮やかに見えます。現在、ルネス工法と外断熱工法の採用が増加していますが、今後もこのように積極的にPRを行っていこうと思います。JR吉祥寺駅から新宿方面に乗ってすぐ左側に見えます。ぜひご覧ください!

証人喚問

2005年12月14日

耐震強度偽装問題の証人喚問を見ました。構造設計者、建設会社、コンサルタント企業という建設業界の縮図を見るようで、ある意味、業界の抱える構造的問題に直面したような気がします。「コストダウン」という永遠のテーマに対して、様々なアプローチで取り組んでいくことは、社会的に有益なことのはずです。しかしながら、それが原理原則から逸脱した瞬間、「悪」へと豹変するのです。この一線のどちら側にいるのか…、それが本物と偽物との根源的な違いなのでしょう。このような大事件が起きなければ、その見極めができない「もどかしさ」を感じました。

45c76894.jpg

当社オリジナルの「ありがとうございます煎餅」が誕生しました!!この発案は、総務の社員さんからです!もちろん煎餅は、老舗の松崎煎餅さんに心を込めて作って頂きました(ありがとうございます!)。今後、この「ありがとうございます煎餅」は、お客様へのお土産やご近隣挨拶等で大活躍してくれることでしょう。それにしても、このような楽しいアイデアが生まれてから完成するまでがたったの1ヶ月!、しかも営業からではなく総務の社員さんからの提案という面白さに、私自身が本当に楽しませてもらいました。このようなアイデアや提案が、もっともっと土の中から芽を出すようになると、毎日がさらに楽しくなりそうです。発案者に心から感謝と拍手を!!

8e734e85.jpg

土曜日は、「コーポラティブハウス渋谷笹塚」の完成引渡が無事に執り行われました。お客様である建設組合の皆様、コーディネーター並びに設計者の方々、本当にありがとうございました。丸二としてコーポラティブの7棟目にあたる本工事が、このような佳き日を迎えられましたのも、このプロジェクトに関わったすべての方々との「佳きご縁」があったからこそと思います。「コーポラティブハウス」とは、まさに「佳きご縁」の集合体ですね。これからも、丸二は「未来への責任」を持って、いつまでも皆様との「佳きご縁」をつなぎ、建物をお守りしてまいります。鈴木所長を始めとする現場の皆さん、がんばりましたね!!ありがとうございます!!

ニーベルングの指環

2005年12月 9日

781ab59a.bmp

耐震偽装問題が発生し、同じ建設業界の一員としてスッキリしない日々ですが、ここは気分を変えて、久しぶりにクラシック音楽について書いてみようと思います。写真のCDは、クナッパーツブッシュ指揮:バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団によるワーグナー「ニーベルングの指環」です。もう数週間前に買っていたのですが、なかなか聞くことが出来ない状態です。と言うのも、このCDは全部で13枚。全曲聞くと、約15時間以上という長大なオペラです(実際の上演では、4夜かかります。第1夜「ワルキューレ」が有名ですね)。この作品のCDは、他に別の指揮者の盤も持っていますが、最近はまったく聞いていませんでした。なにしろ異常に長いですし、ちょっと飽き気味でしたので。ところが今回のCDは、指揮者が好きなクナッパーツブッシュですし、正規盤ということもあり、思い切って買ってみたのです。録音は1956年ですので、約50年前。バイロイト音楽祭のライブ録音です。当然モノラル。しかしながら、まだほんの一部しか聞いていませんが、とにかく「違う」という実感です。何がどう違うのか説明できませんが、「これは、こういう曲だったのか」と思うくらいです。今まで「ニーベルングの指環」は、自分にとってあまり高い位置にいなかったのですが、これで見方が変わりました。同じ曲なのに、「似て非なるもの」・・・やはり、あるんですね。本物とそうでない物が明らかになる時代が来ました。日々、いろいろな気づきがあります。

花の現場、調和の空間

2005年12月 8日

21292863.jpg

あざみ野の現場内と現場事務所に花が飾ってありました。一昨日の縁会で話した「現場に花を置くと品質が上がるのでは」という仮説を即実践してくれたのです。嬉しいですね!美しい花は人間の視覚から入り、脳を活性化するはずです。気持ちも明るく元気になります。いろいろと試して、検証していきましょう。

自然の恵み

2005年12月 8日

057a8cb4.jpg

昨日は、毎月定例の勉強会に出席。同世代の経営者仲間と共に、「物の道理」についての勉強をいたしました。経営者として、「正しいモノサシ」を持つことは、何よりも大切なことだと思います。今回の耐震偽装問題も、このモノサシの欠落が原因と感じます。私もこれから、より認識力を高め、さらに高い価値観を持ってまいります。さて、写真は会のメンバーが経営する恵比寿のお店で出た、北海道産のたらば蟹です。とても美味しかったですね。自然の恵みに感謝!

大切な1時間

2005年12月 7日

昨日は12月の定例全社会議(縁会)でした。縁会とは、月に一度全社員が集まり、各部会や委員会、そして最後に全体会議を行うものです。今回は、耐震強度偽装問題についての当社の対処・対策や、丸二の理念並びに今後の本物建築への新しい取り組み等を中心に、いつもよりもたっぷりと時間をかけて(約1時間)、社員さんに思いと具体的な方針を伝えました。そういう意味において、昨日の1時間は、丸二のさらなる「一体化」を目指す上で、とても大切な瞬間になったと思います。これからも、トップと社員さん一人ひとりが、共通のモノサシで考え行動できる組織作りに力を入れてまいります。すべてはお客様に喜ばれるために・・・。

耐震偽装問題が発覚してから約2週間が経ちました。その間、事件の様相がどんどん変化して行く中、私たちはこれを無関係なこととして捉えず、社内において多くの意見交換を行い、その問題の本質を「建設会社の良心にある」と位置づけました。私たちはこの事件の発覚後即時、当社の平成11年以降の施工物件73棟について、構造設計事務所名の確認並びに構造計算に関わる各種指数の点検業務を行い、すべての安心・安全を確認いたしましたことを、ここにご報告いたします。また「今後のさらなる強化対策」や「構造計算の無料点検サービス」の実施も決め、その旨のご案内を本日、お客様並びに関係各位に発送する手続きを取りました。ご案内の全文はこちらです。ぜひご一読いただき、当社の経営姿勢や構造に対する考え方をご確認ください。私たちには「迷ったら良心に問え」という企業理念があります。これがすべての根幹であると思います。私たちは、常にこの志と共に生き、世の中に生かされる経営を続けてまいります。この2週間は、私にとって「真の経営とは何か」という問いと向き合う生きた時間となりました。本当にありがたい思いです。今後もこの問題については、その展開を見ながら、さらに様々な対応やコメントをして行こうと思います。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.