MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

本物の時代

2006年1月10日

4e086b56.jpg

最近読んだ本。国の財政については、様々な捉え方が多く、なかなか判断が付かない状況ですが、所謂「破綻本」とは逆の「健全本」の2冊を読みました。菊池英博氏の「増税が日本を破壊する」(ダイヤモンド社)と増田悦佐氏の「国家破綻はありえない」(PHP研究所)です。基本的に政府には多額の債務があっても、多額の金融資産がある。これを差し引いたのが「純債務」で、日本の場合、この純債務は極めて健全である・・・という捉え方です。確かに、理解できます。そういう前提でものを考えてみると、「増税はおかしい」となります。一方では、「今すぐ増税しないと国が潰れる」と言う方々も多い。どちらが正しいのでしょうか。もっとも、現状の債務が多いことは事実ですので、これから計画的に債務を減らし、景気(内需)を拡大して行く必要があると思います。そのような正しい現状認識とマクロのビジョンが必要です。どちらにせよ、「官」に頼ってきた業界は苦戦のようです。例えば、建設業。不要不急な公共事業はさらに削減されるはずです。丸二は、先代社長(現会長)の時代から、ゆっくりと時間を掛けて、民間建築に移行して来ました。本当に良かったと思います。そして、これからの選別は・・・「本物かどうか」になると思います。「どのような時代になろうとも必要とされる本物の企業になること」・・・これが丸二のビジョンです。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.