MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年末年始のテレビは、相変わらずのワンパターンの「作り物」ばかりで、製作者の「志」を感じるモノが少なかったように思います。そのような中で、「箱根駅伝」のようなウソ偽りの無いリアルな映像は、見る者の心に迫ってきました。テレビ界もそろそろ考え方を修正して、本当に表現したいコンテンツに集中し、独自の番組作りをしていく方がいいのではないでしょうか。ただ時間枠を埋めるがために、同じタレントで、同じパターンの「お約束」を繰り返すのではなく・・・。まあ、無難で安上がりなのでしょうが、テレビが国民の精神や思考に与える影響を考えると、本当に困ったことだと思います。

さて、株安で明けた2008年は、一体どのような年になるのでしょう。どちらにせよ、経済的にも環境的にも、私たち一人ひとりが、より意識を高く持って、事に当たっていく必要性が出てきたと思います。世界の情勢を見ても、未だ戦争や飢餓や環境破壊が続き、たくさんの方々が毎日亡くなったり、自然も壊れつつあります。西洋型の思想哲学と権力支配の構造で、この世界は確かに産業革命以降、大発展を遂げ、結果的に(ごく一部の国や階層だけが)物質的な豊かさを享受できました。しかしながら、全体を豊かにすることはできませんでした。その綻びが、ここ数年前からあらゆる方面から出始めて、今まさにガタガタと音を立てて崩れ始めてきたように感じます。そしてまた、新たな戦争が始まり、さらに富はごく一部に集中し、なぜか発展途上国にはほとんど回らず、地球も悲鳴を上げている・・・。

ただ、過去を否定していても仕方ありません。私たちが目覚めるまで、時は待ってくれていたと思います。ありがたいことです。だから、「気づいた時が魂元年」「物事に遅すぎるということは無い」。今から、1mmづつでいいから、前進していこうと。

西洋文明の物質中心主義の考え方を取り仕切るある種の力が、徐々に壊れ始めているとすれば、やはり次は、東洋文明の精神中心主義の考え方に移行してくるはずです。もっと言えば、日本の「和の精神」「和の文化」こそが、その要になるのではないでしょうか。このような動きは確かに進行しています。きっと、日本の「和の精神」「和の文化」への期待が高まることで、私たち一人ひとりが意識して、政治や経済や日々の習慣、ビジネスの上での商品づくり等に取り入れ始めたら、テレビも変わり、新聞も変わり、政治も変わり、世界情勢も変わり、環境問題も解決に向かい、戦争も少なくなり、飢餓も少なくなり、いよいよ全体調和の豊かさの時代に移りゆくように思います。「和の精神」には、それほどの大きなパワーがあるように感じます。

丸二も「和が二つ」で、「丸二」ですから、このような時代の流れの中で、何かしら楽しい役割を担っているものと思います。昨年の大晦日のNHK番組「ゆく年くる年」にて、荘厳としたシンメトリーが美しい「平等院」が映っていましたが、このような日本の「美」の中にこそ、何か大いなるヒントがあるようにも思います。「美」と言えば、当然のごとく「建築」という分野も入ってきます。そこに、丸二の目指すべき答えがあるようです。

今年も一年、お客様と共に確かな豊かさを受け取りながら、独自の技術をもって、本当に住みやすくて、長持ちして、美しくて、環境に優しい、健康的な住環境と土地活用を創造して行こうと思います。それがきっと、この大きな時代の移り変わりの中で求められている、独自の役割であるという確信を持って・・・。今年もよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.