MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

2010年12月のバックナンバー

2011へ

2010年12月27日

2010年もあと僅かになりました。丸二も明日(28日)の仕事納めを済ませ、良い年越しを迎えられます。これも全てのお客様、関係者様、そして大自然の恩恵のおかげと、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。来年は、時代が大きく動き出す一年となりそうですので、会社も個人も「良い流れ」に乗れるよう、常に心と意識を洗っていきたいと思います。

さて、丸二の社長として、今年一年を振り返って感じているのは、「今年は、社員さん一人ひとりが(もちろん、まだまだ未熟ではありますが・・・)成長したなぁ」ということです。成長とは、なかなか具体的に目に見えるものではなく、評価しにくい性質のものではありますが、それでも確かに「成長した」と思えるのです。

私が父から社長を受け継いだ時から、すでに13年が経ちましたが、その間で随分多くの社員さんが入れ替わりました。私自身が未熟であったことが一番の原因ですが、それでも、本当に良い建築をやっていきたいという強い思いや志が、それに共鳴する人々との新たな出会いを(自然に)導いたのだと、今では確信しています。それは、社員さんとの出会いだけに留まらず、丸二の事業(志)に対する多くの協力者様との新しいご縁をも生み出し始めました。

現在のような厳しい経済環境の中で、日々の現実の仕事に奮闘しながらも、何か夢や希望、志というものが、おぼろげながらも実現に向かい始めているような気がする・・・そのようなある種の感触が、社員さん一人ひとりの意識の中に芽生え、何かを変化させているのかもしれません。このようにして、以前はあまりピンと来なかったことが、時が経つことで、だんだんと解かってくることがあります。

丸二で目指しているものが、少しずつ社員さんの意識や体の一部になり始めてきた。その仄かな感触というものが、日々少しずつ強まってきているのではないか。社員さんの意識と会社の意識が、さらに共鳴し始めているのではないか。その力が、だんだんと多くの(素晴らしい)協力者を引き寄せているのではないか。

社員さんの成長は、このように、まだ目に見えない意識の世界にあります。でも、感じることは出来ます。先日、社員さんに対して、物理の「量子力学」の話をしました。私は理工系ではないので、うまく説明できませんでしたが、物質を細かく小さくして行くと、最後は「(動いている)波」となってしまい、なおかつ、そこに人間が意識を向けると「粒」に変わるという摩訶不思議なことを話しました。専門的には多分、違う説明になるのでしょうが、要は、物質は常に動いている(振動している)ということと、物質は人間の意識によって変化するということ・・・これが物理的に解かっているということを、社員さんに伝えたかったのです。

つまり、私たちの仕事である建築において「心をこめて建物を造る」と、家を構成する全ての建材が「変わる」ということです。建材は、どんなに固いものでも振動していて、(造る人や、住む人の)意識(想念)で、良くも悪くも変化するということです。そんなバカな・・・と思うかもしれませんが、それが現実なのです。

よって、心を込めて造れば、その家(建材)は強く、美しく、長持ちし、住む人に良い影響を与える。逆に、マイナスの感情を持って造れば、同じ家(建材)も、弱く、すぐに朽ち、住む人に害を及ぼす・・・そういう風に理解できます。

だから、「意識」は本当に大切だということです。「最良の建築を造ろう」「お客様が幸せになる家を建てよう」「お客様が笑顔になるよう、良い仕事をしよう」「お客様に喜ばれよう」・・・日々そのような気持ちで現場を進めることは、単なる精神論ではなく、物理的・科学的に家・建物・建材の性質をより良く変化させていることに繋がります。

本物の技術者、本物の職人は、そのようなことを(理屈で無く)直観で解かっているのでしょう。私は、丸二の社員一人ひとりが、そのような意識を持って、心からお客様の幸せを願い、祈り、夢見て、ひとつひとつの工事を大切にしていく会社を目指していますが、だんだんと、そのような方向に向かい始めています。それは、この厳しい世の中が、物事の本質を目覚めさせているからではないでしょうか。

来年から、きっと面白い時代になると思います。2011年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

昨日12月21日、丸二のホームページがリニューアルいたしました。満月で皆既月食という特別な日に誕生した新しいサイトで、また多くの方々との新たな御縁を結びたいと思っています。ぜひ、生まれ変わった新ホームページをご覧ください!!

21世紀に入って、早くも10年が終わろうとしていますが、これはオペラで云うところの「前奏曲」にあたり、いよいよ来年から「第一幕」が始まります。前奏曲は、これから始まるドラマや登場人物を暗示させるモチーフで構成され、それを聴くことによって、オペラ全体の印象が解かるものです。

ドイツが生んだ巨大な作曲家リヒャルト・ワーグナーのオペラ(楽劇)の数々の前奏曲は、それ自体が無限旋律の大河であり、壮大で深遠な物語を予感させるものです。有名な楽劇「ニーベルングの指環」は、極めて特殊な作品で、上演に4日間掛かります(約14時間)。序夜「ラインの黄金」、第一夜「ワルキューレ」、第二夜「ジークフリート」、第三夜「神々の黄昏」という4つの作品で構成され、序夜「ラインの黄金」が前奏曲的な位置付けとなっており、この壮大な物語の起点・原因を示し、すでに結論を暗示しています。

さて、そうなると・・・「21世紀のための前奏曲」を(10年も掛けて)聴くことができた私たちは、これから始まる「第一幕」「第二幕」「第三幕」を暗示(予感)させる出来事に、すでに出会っているわけです。であるならば、おそらく「大変革」となるであろう21世紀の方向性は、見えて来たと思います。

「資本主義が終わり、何か新しい社会システムに変わりそうだ」「エコロジー、環境、自然との共生の時代になる」「インターネット、IT、情報革命がもっと進む」「癒し、健康、精神世界が最大のニーズになる」「農業、林業、第6次産業が花形産業になる」「医療技術の進歩」「国や政治が弱体化し、個人の時代になる」「テロ、紛争、政情不安は終わらない」「異常気象、天災地変の多発」「宇宙開発の進歩」「量子力学、新しい科学の時代へ」「戦争経済VS共生経済の戦い」「円高・ドル安」「中国・アジアの時代」「日本食ブーム」「木・水の時代」「教育の問題」「宗教から信仰へ」「真の幸福の追求」・・・。

この10年間を思い起こすだけで、多くのキーワードが頭に浮かびます。良いこともあれば、悪いこともあります。ただ思うのは、世の中は間違いなく「良くなっている」と云うことです。確かに日々のニュースだけを見ていると、悪いこと、凶悪なことばかりが起きているように感じます。でも、だからと言って、(戦国時代と比べて)(龍馬の時代と比べて)(二つの世界大戦の時代と比べて)(戦後復興の、物が無い時代と比べて)今がどうかと言うと・・・今の方が明らかに豊かで幸福です。良い時代です。

それなのに、私たちは不平不満を言う。戦乱の時代を生きていた人々にしてみれば、「今がどれほど幸福か!」ということだと思います。ですので、この「21世紀のための前奏曲」には、何か面白い仕掛けがあるように思うのです。つまり、この曲の中に含まれた多くのモチーフの中で、プラスの曲調に意識を合わせるのか、マイナスの曲調に意識を合わせるのかで、その後のドラマ全体のストーリーが(個人単位で)変わってくるような気がするのです。

聴衆の全体意識によって物語の筋が変わるなんてことは、通常の上演ではありえません。また、観る人ごとに筋が違うことも、ありえません。でも、この「21世紀楽劇」では、そのような(変な)仕掛けがあるかもしれません。であるならば、今起きている事象(世界単位でも、個人単位でも)の中で、「いいなあ~」「楽しいな~」「すごいな~」「面白いな~」「素晴らしいなあ~」と思えることに意識をフォーカスして行くと、面白い21世紀物語が生まれそうです。

私たちは、そこを試されているような気がします。一見、困難に見えるようなフル・メニューを前に出されながら、それをいかに美味しい味に変えてしまうか。この10年間の前奏曲は、困難の「てんこ盛り!」でしたから。だからこそ、きっと、そのような仕掛けが隠されているんだと思います。

今、お笑いが流行っているのも、ある意味、「嫌なこと」「つらいこと」を、「笑い(というプラス側)」に転換させる技術が(無意識に)求められているからかもしれません。重い病気の人が、落語や漫才、お笑い芸人のショーを見て大笑いしていたら、病気が治っちゃったという話もよく聞きます。

このようにして、「21世紀のための前奏曲」は、そろそろ終演です。そして、暫しの休憩の後、いよいよ「第一幕」が始まります。笑いでいっぱいの喜劇になるか、戦いの大スペクタクルになるか・・・。丸二の私たちは、豊かさと幸福感で満ちた、温かい「建築造り」の物語を生きて行こうと思います。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.