MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

500円を1000円に

2011年1月25日

昨日のブログでご報告した「加子母フォーラム」の中で、「一本500円の間伐材を、1000円で購入します」という話をしたところ、そのような(あえて高く買うなどと言う)発想は今までに無かったということで、とても珍しい考え方であると、極めて好意的に受け止められました。

植えてから50年も経っている立派なヒノキが、直径14センチ未満だからと云って、一本500円にしかならないと云う現実がそこにあります。山は適度に間伐をすることで、森に光を入れ、自然環境を守らなくてはなりません。当然、直径14センチ未満の木も、森の生態系を維持するために伐採する必要があります。でも、そのような素晴らしいヒノキが一本500円でしか売れないのです。これでは林業は成り立ちません。ここが一番のポイントです。

仮に国産の間伐材が多く売れるようになっても、価格が今のままでは、山への経済的な還元は出来ず、永続的に山を守ることは不可能です。であるならば、一本500円を1000円で買わせていただく。もう、そのことを最初に決めてしまう。その後のことは、いろいろな智慧を出し合ってやって行く。

実は、今回の「丸二・加子母森林組合」の理念がここにあります。「山が先」という考え方です。この理念を曲げずにやり切っていくことを最優先にしているのです。もちろん、そうは簡単に行かないでしょう。ただ、私たちは、「一本500円を1000円にする」ことから、物事を始めることにいたしました。

後は、私たち(丸二)の努力のみです。こんなに素晴らしい加子母の「神宮ヒノキ」を建築のために使わせていただける。こんな光栄なことは無いのです。日本の山(大自然)からの贈り物だと思って、大切に、有効に使わせていただきたいと思います。

また、私たちは「加子母森林ツアー」の定期的な開催によって、このような理念を共有できる方々を増やして行くことを目指しています。できるだけ多くの都会の方々に、加子母の森を体験していただき、また「神宮ヒノキ」の住環境をご提供していきたいと願っています。

加子母の「神宮ヒノキ」は、木造住宅はもちろん、鉄筋コンクリート造(RC)の内部空間にも最適です。あるいは、木装リフォームでも最高です。ぜひ、ご興味のある方は、森林ツアーにご参加ください。とても楽しくて、美味しくて、癒される一泊二日の旅です。心からお待ちしています。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.