MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

昨日(3.11)の大地震(東北地方太平洋沖地震)では、大変多くの方々が被害に遭われ、とても心配な状況です。余震も続いており、少しでも早く安全な状態になることを祈ります。丸二の方は、おかげさまで無事で、現在お客様の状況に合わせて対応中です(幸い、大きな被害や事故も無く、心から感謝しています)。ただ、社員のご家族、知人、友人が東北地方におられるので、そこはまだ気掛かりです。

昨日の地震発生時は、私はちょうど東京駅の地下街にいました。地下ですので、本来は揺れが小さいはずなのですが、もう荒れた海に浮かぶ船に乗っているかのようにすごい横揺れがして、それが異常に長く続いたので、これは大変な地震だと感じました。上階はもうダメかもしれないと思いましたが、幸い建物は大丈夫で、少し安心しました。

外へ出ると大変多くの人がいて、右往左往していました。電車も当然ストップですし、携帯もつながりませんし、どうしたらよいか分かりません。とにかく会社に戻るため、たまたま目の前に来たタクシーに乗って、約4時間半ほど掛けて、夜の8時頃会社に辿り着きました。今思うと、なぜタクシーを拾えたのかが不思議なくらいです。

ただ、あれだけ大きな揺れだったのにも関わらず、東京では建物自体が倒壊するなどの被害があまり無かったのは不幸中の幸いであり、また建築のある程度の水準を知ることが出来ました。もちろん、この何十倍もの地震が来たら分かりませんが、日本の建築はしっかりしていると思います。

震源地が東北、宮城沖と聞き、仙台や岩手、気仙沼が大変だと分かり、もの凄い津波があったことを知り、そして福島の原発、その次は長野で地震と状況がどんどん変化しています。とにかく、被災された方々が一刻も早く救助されることを心から祈ります。私たちが、どうしたらお役に立てるのかは分かりませんが、今は祈ることと、お客様からのご依頼に応えて行くことに集中していくのみです。

命のありがたさを感じます。生かされていることを実感します。ありがとう御座位ます。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.