MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

前進あるのみ

2011年3月16日

福島原発の状況がなかなか改善せず、放射能の濃度が高くなってきたとのことです。実際どのようなことが現場で起きているのか・・・テレビやニュースだけでは、よく分かりません。もうここまで来たら、正しい(分かりやすい)情報を出して、早く行動することだと思います。必要以上の過度で大げさな表現はもちろんダメですが、正確な事実と対処方を出して、あとは国民の理性的な判断に委ねるしかありません。日本人の大勢は、大丈夫だと思います。

今日、いくつかの工事中の現場をまわりましたが、街も駅も本当に静かで、ひっそりとしています。計画停電や交通の不安定さもあると思いますが、今は一人ひとりが落ち着いて、いろいろと考えながら、状況に応じた立ち振る舞いをしているように感じます。テレビのニュースキャスターたちの過度な説明や評論をちゃんと差し引いて(聞いて)、冷静に事態を見届けていると思います。

後は、多少の不便さや今までとは全く違う生活習慣(あるいは健康管理)に慣れながら、共に新しい社会を造ることだと思います。先ずは、原発を無くすことです。計画停電によって「原発が止まると大変だ」という印象を持ったのは事実です。でも、だからと言って「やっぱり原発は必要だ」とは(絶対に)なりません。二度の原爆を受けた日本が、三度目の今度こそは、本当に安心・安全な社会、国家、世界を造るためのリーダーとなるべきです。その資格を持っているのは日本しかありません。

そう考えれば、これからやるべきことはいっぱいあります。テレビやニュースの情報に振り回されることなく、もっと自然で本質的なことに視点をおいて、安心して、世の中に役立つ取り組みを積み重ねて行くことだと思います。丸二としても、「家具の転倒防止」から「耐震補強」等の今後に備えた対策、加子母ヒノキの健康エコ住宅(&リフォーム)、「地震・津波・強風・電磁波・放射能」等に強い鉄筋コンクリート住宅・マンション・コーポラティブハウスの強化。このような時だからこそ、勇気と元気を持って、人々の安心・安全のために、前進あるのみ。そういう精神力さえあれば、全ての物事は解決していくと思います。東北地方の被災された方々に負けないように、がんばります。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.