MARUNIの社長ブログ WATATOMO WAVE

激震

2011年8月24日

民主党代表選挙が近く行われそうです。事実上、新首相の選出選挙ですので、国民にとっても非常に重要な事柄のはずですが、もう多くの人々の関心の外にあるように感じます。先の(党の)代表選挙において、小沢さん排除の論理で、菅さんを推した方々が、菅首相の人気が急落するや否や、今度は菅おろしを始め、いよいよ自分にも首相になれるチャンスが来たと見るや、排除した小沢さんを頼りにする。このように、あまり教育上宜しくない姿を見せている以上、日本の政界はさらなる激震に見舞われると思います(それはきっと良いことですが)。

今の日本の政治(システム)にとって、「日本」とは、<国会議員・官僚・大企業・マスコミ>だけを言うのでしょうか。本来主役であるはずの国民は、その勘定から外れているのでしょうか。そう理解すると、様々な物事は辻褄が合います。結局、国の財政を改善するには、国民からの貢物(税金)を増やせば簡単ですし、原発問題にしても復興需要にしても、大企業のご機嫌を損なわないようにするのが先ず第一。国民の健康や生活が危険にさらされても、本体の「日本」が困らなければ、とりあえずは良い。つまり私たち国民は、悲しいかな、「二の次」の存在なのかもしれません。

それでも、世界各国の多くの人々は、「日本」を心から尊敬し、応援し、讃えています。確かに、日本ほど世界から尊敬され、信頼されている国はありません。ここで言う「日本」とは、当然、一般の「国民」一人ひとりのことであると思います。このように歪んだシステムの中に居るにも関わらず、日本と言う国は、なぜ素晴らしい国民性を有しているのでしょうか。

私たち日本人は、自分たちの心の中に在る「良心」を真のリーダー(ビジョン)として、日々の生活に臨んでいるのかもしれません。八百万の神がいると言われる日本ですが、私たちの心の中にも「良心」という存在が在ります。この良心を、自らの生きる指針に置き換えているのが日本人ではないでしょうか。だから、仮に、誰かから置き去りにされたとしても、まったく揺るがない。むしろ、(良心に従って)正しい判断や生き方ができる。その結果が、今回の東日本大震災における東北の方々の姿ではないかと感じます。

津波で流された多額の現金の、その多くが持ち主に戻って来ているそうです。外国では考えられないことです。大地震が起きて、飲食店から飛び出して行った人々が、後になってきちんとお店に戻って来て、お支払いを済ます。これは法律とかルールとかではなく、「良心」の世界だと思います。本当は、政治の世界も国民と一体となって、このような素晴らしい「日本人らしさ」を世界に発信していけば、もっともっと世の中は良い方向へ変わると思います。ただ、今はもう少しの辛抱ですね。それでも、様々な分野で(良い意味での)激震が走ることで、全てが良い方向へ動き出すのではないでしょうか。

昨日、島田紳助さんが芸能界からの引退を表明しましたが、このような激震も、今後あらゆる分野・世界で、(もっと身近なところで)起きて来ると思います。現在の超円高もそうですし、昨日の米国首都で発生した大きな地震もそうです。大切なことは、その激震の意味を正しく捉えて、それを機に、すべてを見直すチャンスに変換することです。

激震が無ければ、物事は変わりません。だから、(厳しいことですが)激震に感謝し、粛々と反応して行くことだと思います。政治の世界も、本当に国民のことを思う方向へ変わって行く絶好のチャンスだと思います。だからここは皆で関心を持って、国の行く末に対する良い意識(イメージ)を持って行きたいものです。そうなれば、日本は大丈夫。もっともっと世界からの尊敬を集めていくはずです。これから数年は、試される時代。自らの良心に聞いて、変革を起こし、チャンスを勝ち取って行きましょう。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.