MARUNIの社長ブログ

強く!

2012年2月20日

460.jpg

天皇陛下の手術が無事に終わり、とても良かったです。日本が有事になると、必ず天皇陛下は身を捨てて、国民を守ろうとされます。それはいつも(24時間365日)国民の幸福を思っているからでしょう。昨年の3.11以降も、たびたび被災地へ足を運ばれ、被災された方々をお見舞いし、東北の地への鎮魂の願いを捧げていらっしゃいました。そのご心労が今回の手術になったとすれば、本当に、只々ありがたいと、感謝せずにはいられません。このような国を思う力があって、日本と言う国は、様々な困難を乗り越えられたのだと思います。

私たちは、もっと他者への思いを「強く」持たなければならないのでしょう。自分の事と同様に、他者への思いやりを「強く」持つことで、廻り廻って、自分自身に返って来ると思います。つくづく残念なのは、今、ギリシャ発の欧州危機がいよいよ差し迫った状態になってきましたが、日本はギリシャを助けられなかったのか・・・ということです。日本の財政赤字の問題は確かにありますが、諸外国との比較から言えば、(最近の超円高が示すように)日本は(相対的に)世界一であることは間違いないと思います。

もう世界の通貨の中で、信用できるのは「円」しかないと思います。ユーロも米ドルも、本当にどうなるか分かりません。そうとなれば、もっと円を供給し、世の中に安心安全な通貨を流通させることで、国内と世界の経済の「血流」を良くすれば、自ずと日本経済も健康体となり、税収も上がり、国の財政も改善できると思います。今の状態で増税をして、さらに経済の流れを止めてしまうと、いよいよ動脈硬化になってしまうのではないでしょうか。

円が強いということは、私たち日本人も強く在らねばならないということ。その責任が大きくなってきたということ。だからこそ、リスクを持って、事を動かすことのできるリーダーが必要です。私たち一人ひとりが、そのような強い意志を持って、良きチームワークを組んで、この現状を打破していかなければなりません。テレビで天皇陛下のお姿を見ると、「サイレント・パワー(静かなるカリスマ)」を感じます(以前、こういうタイトルの本を読みました)。静かに、物凄いことをしている。日本人の強さはここに生きていると思います。


※田園交響曲

昨年の3.11以降、被災地のことを思う時、心の中ではベートーヴェンの「田園交響曲」が響きます。東北の美しい風景、田園、自然、踊り。そして巨大な嵐がやって来て、人々を襲いますが、それもだんだんと遠ざかり、次第に静まり、また長閑で平和な時がやって来る。田園交響曲の最終楽章は「感謝」がテーマです。いつかきっと、共に喜びと感謝を心から感じられる時が来ますように・・・。クレンペラー指揮ベルリンフィルの演奏は、人間業を超えた自然界の強い意志を感じさせるものです。いま私たちは、大自然の叡智から、大切な何かを学んでいるようです。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.