MARUNIの社長ブログ

2012年12月のバックナンバー

明るい明日へ

2012年12月28日

本日は仕事納めです。現場等はまだ(年末年始にかけて)動きますが、今年もおかげさまで無事に一年を終えることができ、心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。昨年の震災以降、日本経済にも建設業界にも、大きな変化の波が押し寄せましたが、その流れの方向と丸二が向かっている方向とが遂に一致し始め、今年はとても充実した一年と成りました。つまり、増改リフォーム工事の増注と新築工事(民間工事)の増注という車の両輪が大きく動き出したのです。

丸二は「脱・公共工事」と「始・増改工事」の2つの柱で(10年計画で)「業態改革」を行って来ました。その過程はとても長くて大変でしたが、本年はその1つの成果が生まれた一年だったと思います。「これからは直して使う時代」というマクロな時流を捉えて、試行錯誤をしながらも、リフォーム事業をコツコツと積み重ねて来た結果、今期は増改リフォーム工事が(過去最高だった)昨年をさらに上回ることができました(前年度の140%を達成)。件数も1,000件を超え、今年も大変多くのお客様との良きご縁をいただき、本当にありがとうございます。そのような数々のご縁の中から、新築工事の着工も安定的に伸びています。すべてご縁をいただいたお客様のおかげです。心から感謝申し上げます。

このように1つ1つの小さなことを、誠実に、懸命に、一生懸命取り組み続けることで、きっと道は開けるという強い信念を持ち続けて来た結果だと思います。そのことを社員さん一人ひとりが良く理解をしてくれて、付いて来てくれたからだと思います。大事業も、最初は小さなことから始まると言います。コツコツと1mmの前進を(辛抱しながらも)続けて行くと、いつか必ず大きな事を成すことができる。丸二は幸いにして(今まさに)そのような実体験をさせていただいています。もちろん課題も多いです。反省すべき点も山ほどあります。でもそれらをしっかりと認識して、1つ1つ改善を続けて行くことで、その経験は必ず私たちの血と成り肉と成り、会社全体のレベルを向上させてくれるでしょう。経済情勢は今後も厳しさが続くとは思いますが、当社の来年以降の見通しは明るく、心からの感謝の気持ちで年越しをさせていただきます。

2013年は一体どのような年に成るのでしょうか。政権が変わったので、政治は変わるでしょう。消費税も上がります。世界的な政治経済の流れも注視しなければ成りません。それでも人間は日々を生きて行きます。服を着て、ご飯を食べて、家で暮らします。この生活の原点は、どのような時代に成っても(進化はしても)絶対に変わらないものです。丸二は(幸いなことに)その中における「暮らし」の分野を担わせていただいています。かつては3Kと言われた建設業ですが、このような時代に成ったからこそ、本当に大切で尊い仕事と判ります。まさに聖職です。私たちは、人々の暮らしと生命を守る聖なる仕事を通じて、このような激動の時代を生かして頂いている喜びを噛みしめながら、来年は「もっとより良い会社に成ろう」「もっとより良い人間に成ろう」と、決意を固めて走って行きます。来年も何卒よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

大逆転へ

2012年12月22日

選挙が終わり、自民党政権に戻りました。安倍政権は(早速)景気回復に全力を挙げるものと思われます。原発、消費税、TPP、国防、憲法改正等という懸案の重要課題については、未だ消化不良の面が残りますが、先ずは景気回復に対する期待値が今回の選挙結果に繋がったのでしょう。日銀の白川総裁も「物価上昇率目標」を導入するとして、新政権との足並みを揃え始めています。あらゆる政策の実現のために景気回復が必要なのは確かなことですので、金融緩和によるデフレ脱却の効果に期待します。

ただ消費税や原発、TPP、国防等については、今後も継続的に議論を続けて欲しいと思います。本当に日本のために成る道は何なのか・・・。選挙は終わりましたが、国民はまだ迷っていると思います。国の方は真剣に説明を尽くし、国民の生命と生活を守る道を明確に示すべきでしょう。もう政党間で戦っている場合ではありません。国全体が一致団結して、この難局を突破しなくてはなりません。今回の選挙は、戦後最低の投票率でしたが、それは国民が政治家同士の争いに背を向けたということ。今回の選挙ほど、今後の日本の道筋を決めて行く上で、大切な選挙は無かったのに・・・。もはや政党同士の競争ではなく、国民の意識との競争に成ったのです。日本の政治は新たなステージに入ったのだと思います。

そういう意味において、民主党政権の3年間は決して無駄では無かったと思います。私たちは様々な経験を経て、学習して行くものです。同時にこのような政治の大きな振り子現象を見たことで、(逆に)決して揺るがないものも見えて来たような気がします。それは、世界中の人々の心を震わせる日本人の精神性です。辛抱強さです。静かなる力です。外国人には、それが不気味に映るのでしょう。日本人は、必ず何かが起きても、辛抱することで乗り越えています。そして結局、逆境を克服して、さらに力強く成るのです。だから現在の政治の混沌状態は、日本人の潜在的な力を増幅しているのかもしれません。辛抱に辛抱を重ねた後の日本は強靭です。このように全てを前向きに捉えて、2013年を迎えたいと思います。

これは個人も会社も同様だと思います。辛抱に辛抱を重ねた人や会社は、必ずどこかで飛躍する瞬間がやって来ると思います。でも1つ、決して忘れては成らないのは、「感謝しながら辛抱し続けること」だと思います。多くの人は、苦しく成ると、人のせいにします。愚痴や不平不満、文句を言います。せっかく大きな飛躍が出来る種が芽生えているのに・・・もったいない。私たちは日本人です。「ありがとう」の国の住人です。日本再生の決め手は、国民全体の「感謝の総量」です。世界中で最も感謝力の強い日本が、最高の逆転劇を起こせるかどうか。それが2013年以後のテーマだと思います。毎日、生きている(生かされている)ことに感謝して、最善を生きること。これが、日本の真の理念だと思います。

いよいよ衆議院議員選挙が公示に成りました。各党、それぞれの政策を掲げての選挙戦が始まりましたが、泣いても笑っても12月16日には結果が出て、年末までには新しい政権の姿が見えて来るのでしょう。いずれにしても政治の混迷は今後も続くものと思われ、私たち国民は(結局のところ)自ら「自力」を付けていかなければ成りません。

自力とは決して自分勝手という意味ではなく、自然界の法則に従って、自らの良心の声を聴きながら、本物の生き方を始めるということです。24時間流れ続ける意図的な情報や誹謗中傷から距離を置き、自らの中に在る静かなる力を見つめて、日々の日常生活をこそ大切にして、心を込めて生きること。決して他者を批判せず、他者に依存せず、感謝の心で、自分自身の良心と共に生きること。そういう、今までとは別物の流れに乗ることだと思います。

この選挙戦を見ていても、お互いの批判合戦が繰り広げられるのみで、国の未来を落ち着いて考える余裕がなかなかできません。国の未来を決めるのに、どうしてこうも騒ぎ立てなければ成らないのでしょうか。もし良い政策があれば、お互いに評価し合い、取り入れ、協力し合えば良いのに。私たちが望むのは、どこが勝つのかではなく、国が良く成ることです。国民の為に何が一番良いのかを真剣に、かつ誠実に考えてくれる人達が必要です。そのような結果に成ることを、節に願っています。このようにして2012年の日本は、総選挙で幕を閉じようとしています。

丸二にとっての2012年は、今年も大変多くのお客様とのご縁をいただき、新築工事・リフォーム工事共に、おかげさまで昨年以上の工事量と成って来ています。このような時期にも関わらず、本当にありがたいことで、嬉しいことです。私たちの信条は、小さなことを大切にしていくことです。その小さな積み重ねこそが、時代の流れに左右されない(いつの日か)大きな揺るぎない力に成ると信じています。目先だけを考えれば、小さなことより大きなことの方が(当然)大事です。でもそこをぐっと辛抱して、未来のために小さなことを大切にし続けて行く。そういう新しい流れをつくって行きたいのです。

日本と言う国は(結局のところ)国民一人ひとりの日常生活の中に在る、「良心」の総和によって、成り立っているような気がします。ここが他国との大きな違いではないでしょうか。様々な政策の是非論もありますが、日本の場合は、国民性のさらなる進化こそが、最大の力に成ると思います。そのためにも、私たち日本人は、日々の日常の小さなことへの感謝を取り戻すことです。感謝の心さえ復活できれば、日本は再生すると思います。日本は「ありがとう」の国です。あの3.11の時の東北の人々の美しい姿こそが、私たちの本当の目標です。私たちは今、そのことに気づきました。

これからは本物と偽物がはっきりと分かれる時代です。政治家も企業も人間も、本物と偽物に分かれます。それはとても怖いことです。でも、感謝の心で小さなことを大切にして行けば、道はきっと拓けると思います。建設業は人々の生命を守る大切な仕事です。そのことに誇りを持って、一人でも多くのお客様に喜ばれるよう、これからも日々小さなことを大切にして行きたいと思います。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.