MARUNIの社長ブログ

風が吹くまま

2020年4月28日

zaP2_G8383527W.jpg

新型コロナウイルスの影響により、「ステイ・ホーム」の時間が増えています。私は映画が好きなので、DVDを鑑賞するには良い機会です。最近、イランのアッバス・キアロスタミという映画監督の作品、「風が吹くまま(1999年)」を観ました。非常に良かったです。この監督の作品は結構見ていて、「友だちのうちはどこ?(1987年)」「そして人生はつづく(1992年)」「オリーブの林をぬけて(1994年)」「桜桃の味(1997年)」に続き、本作に行き着いたところです。

それにしても、キアロスタミの映画は全てが美しいです。イランの田舎の小さな村、荒涼とした丘陵の風景、美しい目をした田舎の人々の暮らし、ジグザグと続く土の坂道、季節によって彩を変える草木、広大な黄金色の麦畑・・・。実際の暮らしは大変なのかも知れませんが、「天国はいま(まさに)ここに在る」という不思議な感覚を刺激してくれます。

ストーリー的には、まったく劇的なものは無く、役者さんも全て素人さんなので、ドキュメンタリー風にも見えます。けれども、流れる映像の全てが作者の心象風景として完璧に表現されていると感じます。多くの人にとっては、「退屈」「結局何が言いたかったの?」という感じで、低評価に成るタイプの映画ですが、私にとっては、今まで見た映画の中で、相当な上位に位置する作品になりそうです。

原始的な世界、原始的な風景、原始的な暮らしの裏側に、この世の理想郷が隠されているのではないか。もうすでに(私たちには)全ては与えられているし、無駄なものも一切ない。それなのに、一体何の文句があるというのか。この理想郷は(原始風景の裏側だけではなく)自分自身の心の裏側にも隠されているのではないか。地球から月の裏側が見えないように、自分自身の理想郷は見えない。否、見ようとしない。理想郷を既に心中に持っていながら、文句を言う私たちとは一体何か・・・。

映画の筋とはあまり関係の無い感想になってしまいましたが、キアロスタミの映画を観ていると(なんとなく)そのような素直な気持ちに成るのです。同時に、とても暖かい気持ちにも成ります。今、私たちの世界は、コロナウイルスで大変な状況に成っていますが、今こそ心静かに自らの心中と向き合い、その裏側に潜む理想郷(安心感)を微かに感じながら、「ほっと」息を抜く瞬間が必要なのかも知れません。そしてそれはまた1つの幸福感であり、感謝の力なのでしょう。そんな優しく穏やかな心のあり様が、ウイルスを静かに終息へ向かわせると信じて・・・。

さて、この後のゴールデンウイークは、ポーランドの映画作家、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の「デカローグ」を観る予定です。これは各1時間の全10話で構成された、聖書の十戒をモチーフにしたドラマです。クシシュトフ・キェシロフスキは、フランス国旗の三色(自由・平等・博愛)をテーマとした「トリコロール三部作」で有名で、この監督の作品も美しい映像美なので、とても楽しみしています。

そして、私たち丸二は、変わらずに、災害に強い安心安全でローコストのRC(鉄筋コンクリート)住宅・賃貸・賃貸併用住宅の建設と、様々なリフォーム工事で、お客様の幸せづくりに貢献して行きます。特にリフォーム工事においては、コロナウイルスを経験したことで、「空調(換気)リフォーム」「衛生(トイレ・キッチン)リフォーム」「ホーム・オフィス」「ホーム・ジム」「ベランダ・リフォーム」をはじめ、自然災害に備えての「耐震補強工事」「屋根補強工事」「大規模修繕工事」「外壁改修工事」「防水工事」「設備工事」等にも力を入れています。コロナウイルスが無事に終息した後も、安心安全な生活をサポートして行きますので、何卒よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.