ルネス工法と外断熱工法

丸二の技術

マーク ルネス工法
マーク 外断熱工法
マーク パワーコンクリート工法

丸二のご提案
マーク コーポラティブハウス
マーク 賃貸併用住宅
マーク RC個人住宅
(鉄筋コンクリート造)

丸二の信頼
マーク アフターサービス24
マーク よくある質問
マーク 企業情報

情報発信中
マーク 土地活用ブログ
マーク ニコニコ通信

木造・リフォーム
マーク 心と体に良い家
マーク リフォーム隊

鉄筋コンクリートの建築

パワーコンクリート工法

写真

建物の構造は、住む人の安全を守る最も大切な根幹です。

 ライン

コンクリートはセメントを結合材として、水や粗骨材(砂や砂利)及び混和材料を適切な割合で調合し練り混ぜたものです。 セメントと水の水和反応により堅固な硬化体となり、強度や耐久性、耐水性などに優れた構造材として明治時代から多くの建築物に利用されてきました。
最近、コンクリート品質の優劣による欠陥建築物や耐震性へ不安が騒がれていますが、その取り扱いによっては、経年変化への対応や強度維持への改善が図れる、古くて新しい材料です。
丸二はより強固で耐久性、耐水性に優れたコンクリートでの施工体制を整えております。

 

写真建物構造体は長期に渡り堅牢であり、地震から生命・財産を守らねばならないものです。そのため「耐震」構造の基準は随時見直しがされて来ました。
また、1995年の阪神淡路大震災以来、建物は揺れを吸収して被害を押えようとする、「免震」「制震」の構造にも注目が集まっております。「耐震」「免震」「制震」、同じような意味に思われるかもしれませんが、それぞれ考え方や構造が違う言葉です。
一般的には、揺れをがっちりと受けとめるのが「耐震」、かわすのが「免震」、柔軟に受けとめるのが「制震」と言われています。
また、それぞれに構造体の施工方法や設備が開発されています。建物の構造は、住む人の安全を守る最も大切な根幹です。そこで丸二では「耐震」に対する一つの取り組みとして、耐震性に優れた構造体をより強固にすることを目的として「パワー・コンクリート」を開発いたしました。
これは、スランプ値を小さくし、単位水量を抑えたコンクリートで施工することにより、より強固で、密度が高く、耐震性に優れ、長持ちする、「強い鉄筋コンクリート構造体」を実現するものです。
生コン打設では、標準的なスランプは18前後ですが、丸二の「パワーコンクリート」では固練りの粘りのあるスランプ15で打設を行なっています。もちろんこれにより、打設の手間並びに建築コストも増えますが、それくらい「構造の力」は重要であり、建築における本質的な問題であると認識しています。
丸二は、お客様へのより安全に対する付加価値として、一般的で標準的な「スタンダード・コンクリート」に加えて、弊社独自の「パワー・コンクリート」の選択制を導入し、お客様の高いニーズと安心にお応えしてまいります。

スランプって何

コンクリートのスランプとは、まだ利用される前のコンクリートの硬さの程度を 表す値で(コンシステンシーと呼ばれる)、スランプ試験を行って定めます。 なぜスランプ試験を行うのかというと、コンクリートは水量によって軟らかさや流動性が異なるからです。

スランプ

軟らかさや流動性の程度を示す一つの試験方法としてスランプ試験を行い日本建築学会が定める一定の基準を満たしたものかを判断します。
(※造られるコンクリート構造物の種類や施工方法によって変化します。)

では実際どのようにスランプ試験を行うかというと、 上の内径が10cm下の内径が20cm、高さが30cmののコーンにコンクリートを詰め コーンを引き抜いた後に最初の頂点の高さからどのくらい下がったかを測ります。
この頂点の下がりがスランプ(単位はcm)です。

写真

■丸二は強いコンクリート構造物を造るための技術講習や実地指導を行なう「コンクリートに関する総合コンサルタント」岩瀬 文夫氏からの技術指導をいただいています。

株式会社 総合コンクリートサービス 代表取締役 岩瀬 文夫

 

建築例の写真

写真写真

 

 

 

 


社長ブログ全社員ブログお宅訪問建設中の現場中継

余白余白余白お問合せ余白ホットライン余白余白余白

最良の建築をプロデュースします。

Copyright © 2010 MARUNI Co.,Ltd. All rights reserved.